もっと勉強しとけばよかった!

以前、中学生の甥が

「なぜ勉強しないといけないの?
 学校で習ったことなんて
 社会に出たら役に立たないのに…」

と、僕に言い放ったことがあります。

恥ずかしながら僕も
学生時代はそう思っていました。

でも最近、ある本を読んで
その答えが見つかったような気がしています。

その本がコチラ▼

◆amazonでも販売中です◆

仕事柄、本の原稿づくりのため
お客様に取材(インタビュー)
させてもらうことも多いので
気持ちよく話してもらうための
ヒント探しも兼ねていました。

以前にも
「会話術」や「コミュニケーション」の
本は何冊か読んだことがあるのですが、
それらに書かれているテクニックとは
完全に一線を画す内容で面白かったです。

そして
「なぜ、人は勉強する必要があるのか?」
その意義について気づかせてくれる本でした。

著者曰く
他人のことを分かろうと苦しんでいる人や
他人を説得したいと思って苦しんでいる人に
向けて書いたそうです。

中身は260ページありますが
文章がすごく面白いので、
1時間弱で読み切ることができます。

早速、悩める甥にも読ませようと思います。

今回もさいごまでお読みいただき、
ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、
応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓





サブコンテンツ