アンケートを活用して集客UP!

みなさんは集客にアンケートを
活用しているでしょうか?

アンケートが果たす役割は
主に2つあると思います。

1.顧客の状況を知る

提供した商品・サービスの
感想や意見を尋ねて
顧客満足度を測ることです。
そこから得られた回答は
『お客様の声』として
ホームページや広告に活用
している人も多いと思います。

『A4 1枚のアンケートで
 利益を5倍にする方法』

の著者 岡本達彦さんは
アンケートを取る目的について
「反応率の高い広告をつくるための
 情報をお客様に教えてもらうこと」
だと著書の中で述べています。

具体的には
顧客に5つの質問を投げかけます。

1.商品を買う前、どんな悩みや欲求を抱えていたのか?
2.商品を知ったきっかけは?
3.商品の購入を検討している時、不安や心配はなかったのか?
4.商品を購入した決め手は?
5.実際に使ってみて、どうだったのか?

これらの質問に対する回答が
広告をつくるのに必要な素材になり、
その後の販促に役立てることができるそうです。

1の回答:ターゲット
2の回答:告知する媒体
3の回答:お客様が抱えている不安の解消
4の回答:他社との差別化(自社の強み)
5の回答:証拠・裏付け

もっと詳しく知りたい方は
amazonでも販売していますので
ぜひ読んでみてください▼
http://u0u0.net/f65W

……………………………………………

2.見込客の状況を知る

すでに顧客になっている人への
アンケートは依頼しやすいですし、
依頼された側も
そんなに抵抗を感じることなく
応じてくれると思います。

一方、
まだ顧客ではない人(見込客)への
アンケートは
依頼する側も依頼される側も
心理的ハードルが高いと思います。

そこで小冊子の出番です。
弊社では、資料請求してくれた人に
小冊子を無料配布していますが、
ひとつだけ条件をつけています。
それはアンケートに答えてもらうことです。

アンケートを取る目的は
本気の見込客なのか、冷やかし客なのかを
見極められることと、
小冊子配布後のフォローを
スムーズに実践できるからです。

資料請求してくれた人(見込客)が

・現状にどんな悩みや不満を抱えているのか?
・弊社にどんなサポートを望んでいるのか?
・今後、弊社の商品・サービスの利用を
 検討する上で障害になりそうだと感じるものはあるか?

など、見込客の今の状況を
あらかじめ把握することができれば
後に企画している個別面談を開催した際に
お互いにとって有意義な時間になります。
また、メルマガや広告の原稿づくりにも
役立っています。

小冊子を活用した集客の仕組みづくりに
取り組んでいる人には特に
アンケートも上手に使いながら
集客UPを実現していただきたいです。

アンケートの作成は
Google form(無料)を使えば
簡単に作成できます▼
https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

今回もさいごまでお読みいただき、
ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、
応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓

サブコンテンツ