【コロナ特別対応型】補助金について

今年は1年を通じて公募されている
『小規模事業者持続化補助金』
次回の締切は、10/2(金)です。

この補助金には
【一般型】と【コロナ特別対応型】が
あります。
【一般型】の補助上限額が
50万円なのに対し
【コロナ特別対応型】は
最大で100万円を補助してくれます。

【一般型】と【コロナ特別対応型】の
主な違いを挙げると・・・

【一般型】
・補助上限額は、50万円
・補助率は、2/3
 (例えば60万円の経費に40万円が補助されます)

【コロナ特別対応型】
・補助上限額は、100万円
・補助率は、3/4
 (例えば120万円の経費に90万円が補助されます)

補助の対象となる経費は、
販路拡大のため「今」とは違う新しい取組みへの
投資であることは共通です。
【コロナ特別対応型】はそれに加えて
コロナウイルスの影響を乗り越えるための対策も
求められます。

具体的には・・・

A.コロナの影響で困難になった
  お客様への商品の安定供給を継続するための
  必要な設備投資や製品開発

B.非対面・遠隔でのサービスを提供できる
  仕組みやシステムの構築

C.従業員がテレワークを実践できる環境の整備

上記のいずれかひとつ以上の条件に合致する投資を行ない、
その投資額の合計が補助対象経費の1/6以上であることが
必要です。

もし「補助金を活用して小冊子をつくりたい!」
と考えている方がいたら、
Bを適応することができます。

小冊子は、非対面型の集客ツールです。
見込客を顧客へ育てていく行程で
信頼関係を構築していく最初のステップとして
大切な役割を果たします。
「本当に自分に合った商品なのか?」
「本当に私の悩みを解決してくれるのか?」
といったお客様(見込客)の不安や心配を
あなたに代わって取り除いてくれます。

■『小規模事業者持続化補助金』申請の手順

1.御社が所在する地域は、商工会議所が管轄しているのか、
  商工会が管轄しているのかを把握する
   ※「○○市(御社の所在地) 商工会」で
    ネット検索すると
    最寄りの商工会議所(または商工会)の
    ウェブサイトが見つかると思います

2.公募要領を読み、
  最寄りの商工会議所(または商工会)へ連絡する

   ・商工会議所が管轄している地域の事業者▼
    https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

   ・商工会が管轄している地域の事業者▼
    http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_t/

   ・東京23区の事業者▼
    https://www.tokyo-cci.or.jp/covid-19/jizokuka/

3.事業計画書を含めて、申請書類を作成する
   ※商工会議所(または商工会)の職員の指導を受けながら
    作成することができます

4.申請書類が完成したら、商工会議所(または商工会)へ持っていき
  記載内容等に不備がないかどうか確認してもらう
   ※不備がなければ、確認書を発行してくれます

5.商工会議所(または商工会)が発行した確認書を含めて
  必要な申請書類を揃えて、補助金事務局へ提出
   ※締切の10/2(金)までに必着させてください

6.補助金事務局が申請書類(主に事業計画書)を審査

7.締切日から約1カ月後に採択結果が発表
   ※事業計画が採択された事業者には通知書が届きます

8.採択された事業者は、事業計画書に記載した内容どおりに
  事業(販路開拓)を遂行
   ※2021年7月末までに、納品・支払いを含む
    全ての事業を完了させる必要があります

9.遂行した事業内容(実績)を報告書にまとめて
  8/10までに事務局へ提出

10.報告書の内容に問題がなければ、補助金が振り込まれます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小冊子を活用した集客方法を
本気で検討されている方は是非、
この機会に小規模事業者持続化補助金を
申請してみませんか?

「忙しくて時間が取れないし、めんどくさい」
という方は、申請書類の作成を
専門家に代行してもらうことも可能です。

弊社も専門家(補助金コンサルタント)と
提携しているので、お気軽にご相談ください
  ↓   ↓   ↓
https://www.artinsatsu.biz/syokibojigyosyajizokukahojyokin/

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓

サブコンテンツ