補助金を活用して、事業のオンライン化を、実現したい方へ

先日、東北で自営業を
営んでいる人から

「小規模事業者持続化補助金を
活用してみたいと思うけど、
自分のビジネスに活かせるのか
どうか分からない。」

という相談がありました。

今回の小規模事業者持続化補助金は
従来の『一般型』に加え、
新たに『コロナ特別対応型』が追加され、
補助額も2倍に増額されました。

『コロナ特別対応型』に該当する
対策(事業)は3つあります。

1.コロナの影響により損なわれた
  商品の製造~販売の流れを修復する取組み

2.非対面型ビジネスモデルへの転換

3.テレワーク環境の整備

上記3つの中で、
現実的に弊社が対応できるのは
『非対面型ビジネスモデルへの転換』
になります。

『非対面型ビジネスモデルへの転換』というと、
大げさに聞こえるかもしれません。

でも、コンサルタント業を営む人なら
これまでは指定した日時と会場に
集まってもらい開催していたセミナーを
オンライン上で完結できる仕組みに
置き換えることができれば
【非対面型ビジネスモデルへの転換】
だといえます。

また、塾の先生や
整体院・治療院の先生なら
会員制のオンラインサロンを
構築・運用していくことで、
例えば、これまで月8回
通ってもらっていたのを
半分に減らすことができれば
【非対面型ビジネスモデルへの転換】
だといえます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冒頭で紹介させてもらった
東北の自営業者さんの場合、
意見交換を行なったのですが
弊社もすぐに結論を出すことが
できませんでした。

ただ、今回の
『小規模事業者持続化補助金』は
昨年までと違って、
1年を通して公募されているので
直近の締切(6月5日)はバスして
次の締切(10月2日)までに
事業計画案を練り上げることに
なりました。

「ビジネスのオンライン化について
 興味はあるし必要性も感じているけど、
 今はまだ何も決まっていない…」
という方は、
10月、もしくは来年2月の申請を
目指していただければ良いと思います。
  ↓   ↓   ↓
https://www.artinsatsu.biz/syokibojigyosyajizokukahojyokin/

そんな方のために無料相談を開催しています。
補助金を活用して新たな集客の仕組みを
つくっていただくためのヒントを
お伝えできると思いますので
ぜひお気軽にご活用ください。

詳しくはコチラ▼
https://artinsatsu.pro/tms/u/VWvi/1700/


今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓

サブコンテンツ