『補助金』と『給付金』の併用

『小規模事業者持続化補助金』を活用して、
国が推奨している
【非対面型ビジネスモデルへの転換(オンライン集客)】
目指すことになった関東の整体治療院さんから
昨日、質問がありました。

「新型コロナウイルス対策で
 濃厚接触を避けなければいけないこともあり、
 当院も例外なく患者様の数が激減している。
 1年後の売上の確保については
 『小規模事業者持続化補助金』で対策するとして、
 現状の危機をしのぐために
 『持続化給付金』も申請したいと思っている。
 はたして『小規模事業者持続化補助金』と『持続化給付金』
 同時に申請することはできるのかな??」

という内容でした。


結論から言うと、併用することは可能だそうです。

『持続化給付金』は、
新型コロナウイルスの影響で、
ひと月の売上が前年同月比で
50%以上減少している事業者に
事業の継続を下支えする目的で、
法人なら200万円、個人事業主なら100万円を
給付してくれる制度です。
 
 ※詳しくはコチラ▼
   https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

『持続化給付金』は、
『小規模事業者持続化補助金』に限らず、
他の補助金との併用もできるみたいなので、
興味のある方は下記の相談窓口に
直接問い合わせてみてくださいね。


■■■ 中小企業 金融・給付金相談窓口 ■■■
   0570-783183
   平日・休日 9時~19時

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓

サブコンテンツ