ビジネスのオンライン化にも補助金が活用できます

先週、関東のコンサルタントさんから

「コロナの影響で、開催を予定していたセミナーが
 全て中止になってしまい衝撃を受けている。
 これを機に、今後はセミナーを含めたコンテンツは
 オンラインで提供して集客していきたい。
 そのための仕組みをつくりたいから手伝ってほしい」

という相談を受けました。

新型コロナウイルスは、
私たちの生活や仕事の方法を大きく変えつつあります。
その影響は、このウイルスが完全に収束した後も
ずっと続いていくといわれています。

企業はビジネスのオンライン化を一斉に進めています。
「リモートワーク」「テレワーク」という言葉も聞き慣れました。
近い将来、お客様への商品・サービスの提供は
非対面・遠隔で行うのが主流になっていくのかもしれません。

その良し悪しは別にして、
ビジネスのオンライン化・デジタル化は
私たち中小の企業やお店にとっても
避けて通れない課題だと思います。

「そんなことは分かってる。
 ウチも将来を見据えてビジネスのオンライン化に取り組みたい。
 でも、大幅な売上減が続く今の状況ではムリ!」

と思っている経営者の方もいると思います。

そういう方に活用してほしいのが『小規模事業者持続化補助金』。
サービス業なら常時働いている従業員が5人以下、
製造業なら常時働いている従業員が20人以下の企業やお店の
売上UP・営業力UPのための販促事業を支援してくれる補助金です。

昨年までは、補助してくれるお金が最大50万円でしたが、
今年は2倍の100万円に引き上げられています。
その要因もコロナの影響が大きく、
国が非対面型ビジネスモデルへの転換やテレワーク環境の整備を
推奨しているからだそうです。

「ぜひ活用してみたい!」という方は、
地元の商工会議所、または商工会に問い合わせてみてください。
 ※『小規模事業者持続化補助金』の詳細はコチラ
     ↓    ↓    ↓
   https://r1.jizokukahojokin.info/

ちなみに弊社でも、
補助金を活用したオンライン集客の仕組みづくりをお手伝いしています▼
https://www.artinsatsu.biz/syokibojigyosyajizokukahojyokin/

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓

サブコンテンツ