効果的な小冊子集客を実践するための『オンライン塾』開校

先日、集客用小冊子に関するアンケートを実施しました。
アンケートの対象は、弊社に資料請求してくれてから1年以上が経過していて
まだ具体的に小冊子づくりに取り組めていない人です。

小冊子づくりが進んでいない、もしくは全く手をつけていない理由を訊くと
「小冊子を集客につなげる具体的な活用方法が分からないから…」
という回答が大半を占めていました。
つまり、あらかじめ集客の仕組みが明確になっていないと、
小冊子づくりにも本気で取り組めないと考えている人が多いのだと思います。

そこで、集客用小冊子のつくり方はもちろん、
集客の導線づくり、集客のオンライン化などを
総合的に学んでいく『オンライン塾』を起ち上げました。
  ↓     ↓    ↓
https://artinsatsu.pro/tms/u/fKt3/883/

このオンライン塾は、
集客用小冊子制作の専門家のほかに
ダイレクト出版 認定セールスライターで
マーケティングの仕組みづくりの専門家と、
オンラインビジネスのシステム構築の専門家の3人で運営していきます。

小冊子集客には関心・興味があるけど、
「どんな原稿内容なら成果を出せるのか?
 効果的な小冊子原稿の組み立て方が分からない」
「小冊子をどのように集客に結び付けるのか?
 具体的な小冊子の使い方が分からない」
「小冊子からスタートする顧客育成の導線の構築方法を教えてほしい」

このような悩みや疑問をお持ちの方におススメの講座です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新型コロナウイルスの影響で
多くの企業がテレワークやリモートワークなど
デジタルな働き方を取り入れたり、
新たにオンラインを活用したビジネスに乗り出すなど
世の中の状況は大きく変わり始めています。

これは集客においても同じだと思います。
ネットを活用した集客は、
これまでも右肩上がりで伸びてきましたが、
今後ますますオンライン集客が重要になっていくと思います。

ただ、競合相手がひしめくネット上で
埋没することなく戦っていくためには
他社が容易にマネすることのできない仕組みが必要です。
そこで重要な役割を果たすのが、アナログツールの小冊子です。
アナログとデジタルを組み合わせた
強いマーケティングの仕組みをつくる方法を
このオンライン塾で一緒に学んでいきたいと考えています。


◇◇◇◇◇ 後日、説明会を実施します ◇◇◇◇◇

「具体的にどんな流れで受講することになるのだろう?」
「質問や相談にはリアルタイムで対応してくれるの?」
など、疑問や不安を感じている方もいると思います。

そこで後日、オンライン説明会を開催します。
開催日時などの詳細が決まったら、あらためてお知らせいたします。

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓

  

サブコンテンツ