読者を思いっきり限定した小冊子

関西の歯医者さんが
地元の女子高校生に限定して
配布する小冊子を作成しました▼

目的は2つあります。

1.就職という人生の大イベントを迎える
  高校生に歯科衛生士という職業も
  選択肢に加えて欲しい

2.自院が求める理想の新人(歯科衛生士)に
  巡り会いたい

歯科衛生士は
今後ますます重要な役割を担う
職業といわれていますが、
その数は慢性的に不足していて、
全国の歯医者さんの悩みでもあるようです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そういえば以前、
ある社労士さんの小冊子作成を
お手伝いさせていただいたことが
あります。

小冊子のテーマは
「採用業務の常識・非常識」。

中小企業の人手不足は
慢性的な社会問題になっていますが、
求人を出しても思うように
人が集まらない原因のひとつは
その企業の【 顔 】が
求職者に見えにくいからだと
おっしゃっていました。

「 社長さんはどんな人柄なのか?」
「 仕事に対してどんな考えや想いを
  持っているのか? 」
「 将来のビジョンは?」
「どんな人(先輩社員)と働くことに
 なるのか? 」

などなど…

WEBサイトを見ても、
その企業の【顔】でもある
社長さんの人柄や理念が
きちんと伝えられているところは
少ないと感じています。

求職者にとってみれば、
その企業の中身が見えにくいため
不安を感じて応募を躊躇してしまう
のだと思います。

これって、
売り手と買い手の関係に似ていると
思いませんか?
私たちが商品やサービスを
購入しようとする時、
それが自身にとって
重要なものであればあるほど、
どこ(誰)から買うのかは
大切な選択基準になります。

ブランド物のバッグや時計、
靴が高くても売れるのは
品質やデザイン性が
高いのはもちろんですが、
それをつくっている企業を
信頼しているからですよね♪

では、なぜ
信頼できるのかといえば、
お客様がその企業の歴史や
モノづくりに対する姿勢を
よく知っているからだと思います。

今回、歯医者さんが
小冊子を作成した動機も
これに尽きると思います。

高校生にとって就職は、
これからの人生を左右する大イベント。
どんな職業を選び、
どこで働くのかは、
最も重要な選択基準です。

歯科衛生士という職業と、
自院のことを
正しく知ってもらうことで、
未来の求職者の不安や心配を
取り除いてあげているのだと思います。

今回もさいごまでお読みいただき、
ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、
応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓

サブコンテンツ