社会的証明を集めて売上UP!

数日前、いつもの会社から
ニュースレターが届きました。
 ↓   ↓   ↓

読んでいて印象に残ったのが
『社会的証明を使った広告事例』
という記事。

ある商品のFacebook広告が
大成功した理由について
解説していました。

最大のポイントは
広告文に売り手の言葉がなく、
実際に商品を購入したお客様から
もらったレビュー(お客様の声)で
つくられていることです。

なぜ、そうしたのかといえば
売り手の言葉は信じてもらえないから。
相手の『顔』が見えづらいネットでは
その傾向が特に強くなるそうです。

そういえば、
先日受けたセミナーの中でも

「SNS時代の今、
 企業が発信する情報より
 お客様が発信する情報が
 重要になった」

と講師が話していました。

—————————————- 

広告をつくる時、
「商品そのものの説明ではなく、
 その商品を通じて
 お客様がどんな利益や効果を
 得られるのか(ベネフィット)を
 提示しなさい」
と、よくいわれます。

そのベネフィットも
売り手の言葉で伝えるより
お客様に語ってもらうほうが
説得力が増します。

たしかに私も
ネットで何かを購入する時、
その商品が本当に自分に
合っているのかどうか、
レビュー(お客様の声)を読んで
判断することも多いです。

お客様の声が
社会的証明になりえる1例だと
思いました。

今回のニュースレターは、

「商品・サービスを購入した人の
 レビューや感想は必ずもらいましょう。
 そして、そのレビューの中に
 あなたが伝えたいベネフィットを
 語ってくれているものあれば、
 それを広告に使ってみてください」

と締めくくられていました。

—————————————- 

商品を購入してくれた人から
必ずレビューや感想をもらえるような
仕組みを構築するためには
アンケートが必要になると思います。

 ※アンケートの作成は
  Google form(無料)を使えば簡単に作成できます▼
  https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

「具体的にどんな質問を
 お客様にすればよいのか分からない」

という方は
『A4 1枚のアンケートで利益を5倍にする方法』
の著者 岡本達彦さんが提唱する
下記の5つの項目で試してみてはいかがでしょうか?

1.商品を買う前、どんな悩みや欲求を抱えていたのか?

2.商品を知ったきっかけは?

3.商品の購入を検討している時、不安や心配はなかったのか?

4.商品を購入した決め手は?

5.実際に使ってみて、どうだったのか?

これらの質問に対するお客様の回答が
広告をつくる素材になります。

1の回答:ターゲット

2の回答:告知する媒体

3の回答:お客様が抱えている不安の解消

4の回答:他社との差別化(自社の強み)

5の回答:証拠・裏付け

岡本達彦さんは
「アンケートを活用すれば
 反応率の高い広告をつくるための情報を
 お客様から教えてもらえる」
と著書の中で述べています。

弊社も
商品やサービスを購入してくれた
全ての人から社会的証明(お客様の声)を
きちんと集められる仕組みを
構築していこうと思います。

今回もさいごまでお読みいただき、
ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、
応援のワンクリックをお願いします。
  ↓   ↓   ↓

サブコンテンツ