こんな自分でも、社会のお役に立てることが きっとある (^o^)

お化け屋敷の看板 怖いよ~

 他にも 数種類の看板を用意して、
 オバケ気分を盛り上げています♪

 ← 写真をクリックすると拡大になります

町内の夏祭りで、
中学生や小学生が、もっとも楽しみにしているのが、

‘ お化け屋敷 ’ \(>o<)/ギャーッ! このお化け屋敷は、私の家から40メートルほどのところ。
町内の人々の手作り小屋で、
お化け役は、香川大学の学生さん。

この学生アルバイトは楽しいようです♪
(私も お化け役をやってみたいなぁ~)

夏祭りの夜になると、
キャー キャー 子供たちの悲鳴が響いています。

来年は、お化け役に挑戦したいと思っている 
 ‘ いんさつ屋のおやじ ’(^o^)  @ 十河尚史(そごう ひさし)です。

○─────────────────────────────○

こんな自分でも、社会のお役に立てることがある。
いやいや たくさんあると思う。

私は、中小企業家が大好き!

前へ 前へ 挑戦… 挑戦…
こんな姿勢の社長さんや、社員さんを見ていると、
「負けたらアカン! アート印刷もがんばろう…」
こんな気持ちになります。

でも、反対に
「俺たち中小企業は、金なし 人なし 技術なし…」
駄目だ! 駄目だ!と、言っている社長さんが大勢いるもの事実。

そのような社長さんを見ていると、
  もったいない! お役に立てることが一杯あるのに…
  あなたは、その道のプロ・大先生なのに…
本当に、残念だと思います。

○─────────────────────────────○
‘ 集客用小冊子 ’ 原稿作成のヒント!

 ご近所の人から 感謝された体験を 語ってみよう♪

ある経営者団体の 定例体験報告例会で、
‘ 鉄工所の親父さん ’の体験発表を企画しました。

親父さんは、
  私は、少人数で地元大手企業の下請けを コツコツとやってきたので、
  皆様の前で、お話できるようなネタがありません。

  この1週間 この例会で何を話そうか…?  
  考えても、考えてもネタが見つかりませんでした…
  
  困り果てた結果、私が皆さんにお話しできることは、  
  ご近所様から頼まれた 小さな小さな仕事のことや、
  感謝されたこと…。
  ご近所から頼まれた、‘ 珍しい仕事 ’

  こんなお話をさせていただきますので、
  本日は、よろしくお付き合いください。
と、
体験報告がスタートしました。

アッと言う間に40分の体験報告は、無事終了。

そのあとの懇親会で、親父さんは大忙しでした。
 「うちの母親は足腰が弱いので、こんなスロープつくれませんか?」
 「うちの工場で使う、こんな小道具を鉄でつくれませんか?」
 「こんな穴あけ装置をつくってくれませんか?」
 「水路をまたぐ鉄の通路をつくれませんか?」

親父さんの席へ、次から次へと質問や依頼が…。
最後の最後まで、ほとんど食事をとれない状態でした。

懇親会が終わってから、
「十河(そごう)さん。 今日はよい体験をさせてもらった。 とても嬉しかった。
 仕事の方も、ちょっと忙しくなるなぁ~♪ 」
親父さんと笑顔で別れました。

「こんな私でも、喜んでいただけることがある…」
「こんな私でも、お役にたてることがある…」
「こんな会社でも、ご近所の人々に感謝していただけることがある…」

ここに、商売繁盛のヒントが隠されていると思います。

「こんな自分でも、社会のお役にたてること…」
このような切り口で、あなたの小冊子原稿を 考えてみてはいかがでしょうか♪

あなたの知識 ・ 経験 ・ 思いを 心待ちにしている人が、
大勢いると思いますよ (^_^)

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ