小冊子を読んでいたので 初対面ではないような気がします♪

会計事務所の集客用小冊子

本気の見込み客をコツコツと
 集めてくれる
 会計事務所の
   集客用小冊子

← 写真をクリックすると拡大になります

私は、自分の集客用小冊子の配布をはじめて 4年半が経過しました。
ありがたくも、全国の多くのお客様と 知り合うことができました。
感謝! 感謝!

例えば、
弊社のホームページを見てくれた 札幌の中村様から、
弊社の集客用小冊子の請求を受け、すぐにお送りしたとします。

それから、1ヵ月後
「約1ヶ月前に、御社の小冊子を請求した 札幌の中村です……」 と電話が入ります。

弊社の女性社員が電話をとり、
「社長。札幌の中村様からお電話です」 と、
私に電話をつなぎます。

そして
「お電話かわりました アート印刷の十河(そごう)です……」

その時の印象は、
概ね、 初対面ではない! 何度も会っている こんな錯覚になります。

私にとって、中村様は初対面。
しかし、
札幌の中村様の方は、私と数回会っているような調子で、
私に話しかけてきます。

これは本当に不思議です。

○────────────────────────────────○
小冊子で自分の事を伝える / 自己開示すると、
私を信用してくれる。

小冊子で、自分の事を伝える / 自己開示すると、
警戒されるどころか、
初対面であっても、かなり信頼されている
ような口調で、私に話しかけてくれます。

その影響で私の緊張もすっかりほぐれ、
あとの商談もスムースに流れていきます。

これを、飛び込み営業と比較してみましょう。

飛び込み営業は、
何度訪問しても なかなか担当者に会えません…
やっと会ってくれても、警戒心が強く、冷たい対応しかしてもらえない。

しかし、根性と我慢で3ヶ月間 辛い辛い訪問を続ける。

その間 手書きのお礼状ハガキを送ったり…
業界の切り抜き記事(ニュース)を持っていく… 努力が続く‥ 辛抱‥。

その甲斐あって、担当者の警戒心が少しだけほぐれ、人間らしい対応をしてくれる。
自分の話を聞いてもらえるようになる。

その後も、訪問をつづけ、
やっと、本来の商談が始まります。

涙と汗の努力で、
この段階にたどり着くケースは 20件に1件 くらいでしょうか。
新規開拓の営業マンは大変です。

それに比べ、小冊子をつかった新規開拓は、
双方にとって、
気持のよい出会い・良きご縁を 簡単に創ることができます♪

いかがでしょうか? 小冊子の役割が見えてきたでしょうか?

「集客用の小冊子」 は、 
私たち中小企業にとって、
素晴らしい 「営業・集客ツール」 だと思います (^o^)

今何位かなぁ?

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ


村 経営ブログ 広告・マーケティングへ” /></a><br /><a href=にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ