モノクロチラシを上手に使う会社 と 使わない会社 Ⅱ

アート印刷の十河(そごう)です。

弊社は印刷会社です。やはり、年末はバタバタ! 

どの業界も同じだと思いますが、お客様からの 「年内に納品してください♪」

簡単には断れないですよね。 

さぁ 2006年もあともう少しで終わり。 お互いに頑張りましょう!

○────────────────────────────────○

今日は、「モノクロチラシを上手に使う会社 と 使わない会社」のつづきです。

「モノクロチラシは頑張っているものが多く、逆にカラーチラシは頑張っているものが少ないような気がする」

別の言い方をすると、

モノクロ印刷チラシの方が、反応率の高いチラシになる確率が高く!
逆に、
カラー印刷チラシは、反応率の低いチラシになる確率が高い!

カラー印刷チラシの方が、お金がかかるのに…?  なぜでしょうか?

私が思うに、
8割の小企業の社長さんが、デザイナーさんや印刷会社・広告代理店の営業マンの使い方。仕事の依頼方法を

間違っているのでは? と感じることがよくあります。

効果的なモノクロチラシ印刷

          弊社のモノクロチラシ

モノクロチラシなら、
ワードやパブリッシャーを使って、社内制作する中小企業さんが随分増えてきました。

弊社でも、モノクロチラシのワードデータ入稿はごくごく当たり前のことになっています。

しかし、
一般中小企業の社長さんが、カラーチラシをつくるとなると、やはりグラフィックデザイナーに頼むことになります。

「今回のチラシづくりは、グラフィックデザイナーに頼む!」 この方針を決めた瞬間から、

デザイナーさんや広告代理店の営業マンに

頼りすぎてしまう社長さんが多すぎると思います。                              つづく

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ


村 経営ブログ 広告・マーケティングへ” /></a><br /><a href=にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ