小冊子を送ったあとのこと……   しっかりと考えていますか?

小冊子タイトル 「×××が○○○に効く3つの理由」 などの、

集客用の小冊子を広告に載せて、 「その小冊子欲しい!」 という見込み客を集める。

見込み客様に小冊子を送り、読んでもらう。

そして、信頼感を勝ち取り商品の購入へつなげる。

皆様ご存知の小冊子による優れた集客方法です。

「小冊子を使った集客方法をわが社でも実践したいと考えています! 小冊子印刷について質問があります…?」

という問い合わせ電話をよくいただきます。

昨日も、経営者 Kさんから問い合わせ電話が入り、

原稿作成方法…  コピーライターによる原稿づくりサポート…

予算的なこと…  完成までの期間…  などについて、

小冊子印刷に関する一通りの説明をさせていただきました。

しかし、Kさんとの会話のなかで、私は何となく気になることがありました。

「Kさん、その小冊子を送ったあとのことですが、

どのタイミングで、どのようなフォローを、そしてどのようなツールでアプローチするのですか?」

するとKさんは、

「………」 「う~ん 訪問~?  電話~? う~ん」 

これからつくる小冊子を見込み客様に送り届けたあと、

いつごろ、どのようなフォローを、どのようなツールでアプローチするのか?

Kさんは、漠然としたイメージはお持ちのようでしたが、具体的なプランは出来ていないようでした。

Kさんの商材のことや、売価などをお聞きした結果、

アプローチツールは、ファックスDM。又は大判ハガキDM。又は大判ハガキ式の会報新聞。

商品購入につなげるための、小さなステップとして 「30分間の電話無料相談」 の設置をKさんに提案しました。

Kさん自身、なにかモヤモヤを感じていたようで、

電話を切る前には 「頭がスッキリしました!」 とおっしゃっていました。

「小冊子をつくる!」
これは大きなエネルギーが必要。それだけで本当に大変です。

しかし、小冊子を送り届けた後の具体的なフォロー内容。そして具体的なアプローチツール。

こちらの方もしっかりと準備してくださいね。

小冊子づくりと同時進行となるので、かなり忙しくなります。

でも、ここは気合を入れ直して頑張って行きましょう!  前進あるのみ。

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ


村 経営ブログ 広告・マーケティングへ” /></a><br /><a href=にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ