右脳を使って あなたドラマを書こう!

いつもありがとうございます。
人気blogランキングへ

↑↑ワンクリックお願いします↑↑

     こんにちは。
         十 河 尚 史(そごうひさし)です。
   
                今日のテーマは、
                 ↓   ↓   ↓
         右脳を使って あなたドラマを書こう!
       
           最後までお付き合いくださいね ( *^-^)
○────────────────────────────────────────○
★ 情報洪水の中で、
  私たちの 「情報発信」 が埋没していく…

朝目が覚めると、ipadやパソコンの電源を入れる。
そして、コーヒーを入れる準備。
ホットコーヒーが入ると新聞を読み、その後は、
インターネットから情報をとったり、さらに詳しく探したり……。
現代人は、目覚めった瞬間から情報まみれになっています。

私自身、気付かなぬうちに
「情報洪水症候群」 という病気になっている可能性があります。

どの情報が本当なのか…?  私に必要な情報はどれ…???
私たちは、情報に振り回されているのです。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
ちなみに、Googleで
私が気にしている 「ダイエット」 と検査してみました。
ディスプレイの左上に出てくる 検索数を見ると
なんと、約2億7千7百万件と表示されました。
とてつもない数字です。

この情報大洪水の中で、
私たち中小企業家も負けじと、
ホームページ、ブログ、メルマガ、Facebook、ニュースレターなどのツールで、
懸命に情報発信を続けています。 ガンバってます!

しかし、
情報洪水の圧倒的なパワーに比べ、我々の情報発信力はあまりにも非力
中小企業が発信する情報の 埋没化
ドンドン進んで行きます。
その埋没化を 少しでも防ぐ方法はないのでしょうか?

○────────────────────────────────────────○
★ 情報洪水の中だからこそ、
  右脳を使って あなたのドラマを書こう!

あなたの見込み客様も、
私と同じように 「情報洪水症候群」 の可能性が高いと思います。
情報をサッと見つけ、
サッと読んで、また次の情報へ サッと移動。
膨大な情報に 振り回されています

物語の目次 ならば、
 あなたが発信する情報には、
 あなたの 「ドラマ・物語り」
 プラスしましょう。

 あなたの 「ドラマ・物語り」 が、
 見込み客の右脳に響きます。
 見込み客の心を
 ぎゅ ぎゅっと
 掴んで くれるのです。

 私は、集客用小冊子の
 原稿執筆のサポートや
 執筆代行を行っています。

 それぞれの著者が
 それぞれの専門知識を
 ワードに打ち込み、
 小冊子原稿として、
 入稿してきます。

 しかし、
ナンバーワン300 素晴しい専門知識を
 たくさん書いているから、
 多くの読者(見込み客)が
 信頼してくれる
 ファンになってくれる
 とは限らないのです。

 良い情報をたくさん並べても、
 情報洪水の中では無力です。
 読み手の心を簡単には
 掴めません。
 そこで、
 自分の右脳をフルに使って、
 イメージを広げ

 著者のドラマ・物語りを
 書き足してあげるのです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 小冊子に限らす、
 あなたが発信する情報には、
 あなたの 「ミニドラマ」
 「ミニ物語り」
をプラスしましょう。

★ ワンポイントアドバイス
その 「ミニドラマ」 「ミニ物語り」 を書くときは、
理論理屈をつかさどる 「左脳」 を停止し、
イメージや感動をつかさどる 「右脳」 をフルに使って書くようにしましょう♪_♪_
相手の心に響きやすい文章になります(^o^)

「右脳」 で書いた 「あなたのドラマ」 を読んだ、
多くの読者(見込み客)が、
「ちょっと私の相談にのってもらえませんか」
あなたへの連絡が 入ってきますよ\(^o^)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 あなたの集客用小冊子をアマゾンから全国販売しますよ(^o^)
                 ↓    ↓    ↓
     http://artinsatsu.com/service/publish/index.html

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ