「書き過ぎないように…」 と、念じながら書く

いつもありがとうございます。
人気blogランキングへ

↑↑ワンクリックお願いします↑↑

旧 小予算で小冊子をつくる方法 私の 集客用小冊子の中で
← 一番古いものがこれです。
 平成15年に書きました。
 
 大活躍してくれたのですが、
 年月の経過で さすがに古く
 なってきました。

 今、全面改訂のための
 執筆中ですが、
 私は、書き出したら
      止まらないタイプ。

 ページ数が増えすぎないように
 自分に言い聞かせながら
 書いています。
 完成は、3月20日ぐらいかなぁ~
 がんばりま~す(^o^)

    こんにちは。
         十 河 尚 史(そごうひさし)です。
   
                今日のテーマは、
                 ↓   ↓   ↓
   「書き過ぎないように…」 と、念じながら書く     
          最後までお付き合いくださいね ( *^-^)

○────────────────────────────────────────○
★ はじめての 集客用小冊子
あれも書こう! これも書こう! そうだあの解説も入れよう!
  きっと、多くの読者が 喜んでくれるだろうなぁ~(^o^)

はじめての 集客用小冊子づくり。
大きなプレッシャーを感じながら、原稿執筆に取り組んでいる方も多いと思います。

プレッシャーを感じる反面、こんな喜びや期待も……
  「 出来るだけ多くのアドバイスを、一生懸命 書いてあげたら、
            多くの読者が 喜んでくれるだろうなぁ~(^o^)」

  「だから、あれも書こう!
          これも書こう! そうだ、あの解説も入れよう」

 
  「しっかり書いたら、大勢の読者が ファンになってくれるだろうなぁ~♪」

執筆中も、小冊子への夢が ドンドン膨らんで行きます。

実は私もそんなタイプです。小冊子の 夢・期待がドンドン膨らんで行くので、
「あれも書こう! これも書こう! そうだ、あのことも書かなくちゃ!」 と、
次々に書き足してしまう性格です。

私のお客様には、
「集客用小冊子は 50P~70Pが理想的ですよ(^o^)」
「それ以上書くと、読者が 消化不良 をおこしますよ♪」 と
アドバイスしておきながら、
自分の小冊子は、80~110Pになっています m(..)m
書き過ぎは、著者本位の小冊子になりがちです。  注意しましょうね。

○────────────────────────────────────────○
贈りたいアドバイスが沢山あるのなら、
第Ⅰ部、第Ⅱ部、第Ⅲ部と 分冊にしましょう! 
  わかりやすかった\(^o^)/と、喜んでくれますよ♪

新小予算で小冊子を 読者は、
 ×××について初めて学ぶ 「生徒」
 それに対して、
 あなた(著者)は その道の専門家、
     大ベテラン、 「大先生」です。

 「大先生」 が自分のペースで
 小冊子原稿を書いていくと、
 読者(素人)は ついて行けません。

 「先生、そんなに急がないで‥‥」
  読者の頭から 湯気が出ています。

 執筆に入る前に
 目次案 をつくってみましょう。

 そして、
 生徒の気持ちになって その目次案を
 じっくり眺めてみましょう。
 「先生! ついて行けません。 ゆっくりお願いします!」
 という声が聞こえてきませんか?

あなたはその道の 専門家
お客様に伝えたい アドバイスが 一杯あると思います。
それを小冊子で伝えるのなら、
           Ⅰ部 Ⅱ部 Ⅲ部分冊 をおススメします。

集客用小冊子は、「書き過ぎないように…」 と、念じながら書きましょう!
「先生の小冊子は、わかりやすかったですよ♪_♪_」
多くの読者が あなたのファンになってくれますよ (((((*^o^*)
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ★ 小予算で小冊子をつくるなら 「コピー印刷製本コース」 がおススメ!
                    ↓   ↓   ↓
     http://www.artinsatsu.com/item/sassi/copy/index.html

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ