小冊子のタイトルは 本屋さんに行って考えよう!

いつもありがとうございます。
人気blogランキングへ

↑↑ワンクリックお願いします↑↑

こんにちは。
  ‘ いんさつ屋のおやじ ’ 十 河 尚 史(そごうひさし)です。

         今日のテーマは、
          ↓   ↓   ↓
小冊子のタイトルは 本屋さんに行って考えよう!

○────────────────────────────────○
私たちは、おとなしいタイトルの本には
         手を出していない。 手が出ない!

 ▼ 英会話スクールの
    集客用小冊子

英会話スクールの小冊子
 「本がヒットするか? しないか?
 それはタイトルで決まる。中身ではない!」
 という お話を出版社の方から聞いたことがあります。

 本屋さんいくと、何千冊の本が並んでいます。

 全ての本が 「私を手にとって!」 「私の目次を見て!」
 そして、「買ってください!」 と必死に叫んでいます。

 私たちは、おとなしいタイトルの本が目に入ってきません。
 仮に一瞬 目に入ったとしても 手が出ないようです

タイトルは 「本の命」 といえます。
私たちが、これからつくろとしている 「集客用小冊子のタイトル」 も同じだと思います。

○────────────────────────────────○
小冊子タイトルは、
 「ちょっとオーバーすぎるかなぁ?」で、ちょうどいい

集客用小冊子のタイトルは、
私たち著者から見て「ちょっとオーバーかなぁ?」と、
心配になるくらいの タイトルで ちょうど だと思います。

オーバーなタイトルは、
読者を騙す! ということではありません。

小冊子の 中身はもちろんのことですが、
小冊子の タイトルにおいても、
読者を 楽しませてあげる! ワクワクさせてあげる!
というサービス精神が
多くの良き 御縁を つくってくれると思います。

私たちが、集客用小冊子のタイトル案を考えるときは、
必ず、本屋さんに行って考えるようにしましょう!

出版社のプロたちが、
本を売るために 必死で 考えたタイトルが 大変参考になりますよρ(^o^)ρ

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ


村 経営ブログ 広告・マーケティングへ” /></a><br /><a href=にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ