新規客を固定客に変える! 「21日間感動プログラム」

いつもありがとうございます。
人気blogランキングへ

↑↑ワンクリックお願いします↑↑

木村 豊 はじめまして、木 村 豊です。

 弊社の社長 十河(そごう)から、
  「次回のブログ記事は木村君が
 書いてね (^o^)」 と突然言われ、
 私、木村の 「ブログ初デビュー」
 となりました。
 かなり緊張していますが、
 どうか最後までお付き合いください (^-^)V
   

                今日のテーマは、
                 ↓   ↓   ↓
 新規客を固定客に変える! 「21日間感動プログラム」
   
            最後までお付き合いくださいね ( *^-^)

○────────────────────────────────────────○
新規客を固定客に変える 「21日間感動プログラム」
でも、実践している会社は ごく一部だけ…

お客様へのお礼ハガキ あなたは、あの神田昌典さんが
 2000年頃に提案された
 「21日間感動プログラム」
 ご存知ですか?

 新規のお客様に対し、
 21日以内に3回接触をしましょう!
 そうすれば、「短期間で新規客を
 固定客にステップUPできますよ」
 という考え方です。
例えば、
先ずは、商品をお届けしてから 1~3日目にお礼ハガキを送る。

次は、1週間後にお手紙を送る。
手紙の内容は 「やっぱり、私の買い物は間違っていなかった」 と納得できるものが理想的。

最後は3週間後。
かっては 「思わぬプレゼント」 が多かったのですが、
最近は 「ミッションレター」 といって、自分の商品や仕事に対する想いを綴ったお手紙を
送る会社が増えています。

「お客様に感動していただける」
「感動していただくことで、業者側も心が熱くなってくる」
など、良いことづくめです。

ところが、
ここ5~6年間は、この 「21日間感動プログラム」 について語られたブログやサイトが激減。
「21日間感動プログラム」 を実践なさる会社も かなり減っているようです。
どうしてかなぁ~? もったいないなぁ~ (・・,)
○────────────────────────────────────────○
「21日間感動プログラム」 を
やり続けるためにの システムをつくりましょう

2012年12月ニュースレター その答えは、やはり 面倒くさい。
 やり始めても続かない。

 これに尽きると思います。

 弊社のお客様で5年以上も
 「21日間感動プログラム」 を
 やり続けている会社があります。
 超アナログですが、
 見事なシステム を使っています。
 事務所の壁に40個~60個ぐらいの
 小さな棚が並んでいます。
 その棚には、1月10日、1月11日、
 1月12日…… と日付けを書いた
 白いカードを貼りつけています。

 たとえば、
 1月7日にAさんという新規客からの
 注文を受けると8日に商品を発送。
 翌日 9日に商品が到着するとします。
その会社では受注した7日に、
1回目のお礼葉書 / 2回目の葉書 / 3回目のメッセージカードを書いてしまいます。
そして その3枚の葉書を、
1月10日の棚 1月17日の棚 2月1日の棚に入れるそうです。
だから、発送漏れなし! この方法で5年以上も続いています。

この会社には負けますが、私の会社でも少しは努力をしています。
1回目は、
商品の到着日にお礼も兼ねた 「商品は無事届きましたでしょうか?」 という確認メールを送信。
2回目は、
代金をお振込みいただいたことに対するお礼のハガキ。
最後に、
会報新聞(ニュースレター)を送付。
そしてこの会報新聞(ニュースレター)は、以降毎号送ることにしています。
このくらいなら、それほど苦もなく実践できていますよ \(^o^)/

あなたも、ご自分なりの 「21日間感動プログラム」 をつくってみてくださいね。

     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  

      ○●○ 楽しいニュースレターのつくり方を紹介しています♪ ○●○
                   ↓   ↓   ↓
    http://www.artinsatsu.com/item/newsletter/02.html

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ