人を動かす 「魔法の章立て」 を使いましょう!

小冊子の原稿づくり!
章立て構成で迷ったときは、素直に
「 人を動かす 魔法の章立て 」 を使いましょう。

集客用の小冊子は、顧客獲得実践会の神田昌典先生が、
私たち中小企業家に広めてくれた素晴らしい集客ツールです。

その影響だと思いますが、
神田先生が考えた 人を動かす文章構成 「パソナの法則」 を意識して
小冊子の原稿をつくる社長さんが多いように思います。

私も 「パソナの法則」 に代わる 「人を動かす文章構成」 は、
簡単に見つからないと感じています。

神田先生の 「パソナの法則」
簡単に紹介いたします。

  1.問題提示・明確化
  2.問題の明確化・問題のさらなる掘り下げ
  3.解決策の提示 証拠の提示
  4.解決策の限定生・緊急性
  5.具体的な行動の呼びかけ   

チラシ広告やDM広告の文章を
この順番に書くと、読んだ相手は行動する!という魔法の法則です。

この 「パソナの法則 」集客用小冊子用にアレンジすると、
人を動かす 「魔法の章立て」 になります。
    ↓  ↓  ↓  ↓   
 第1章 —問題・不安・不満の提示
 第2章 —問題・不安・不満のさらなる掘り下げ
 第3章 —共感(自己紹介・自己体験)
 第4章 —解決策の提示
 第5章 —解決策の提示の続きと、具体的な行動の提示・呼びかけ
      以上で終わり♪

順番は状況によって組み替える必要があります。
いきなり自己紹介や自分がこの小冊子を書こうと思った心境や理由から入っていく
変則形もあります。

また、
解決策の提示を第4章に集約し、
第5章を 「お客様からのよくある質問」 にする形もあります。

その場合は、
「おわりに」の中に 「具体的な行動の提示・呼びかけ」 を盛り込むとよいでしょう。

集客用小冊子の原稿づくりに入るも、
章立て構成が、なかなかつくれない方は、
この人を動かす 「魔法の章立て」
素直に取り入れることを強くお薦めします。

あなたが販売する商品やサービスの
   成約率が、かなり高くなりますよ (^o^)

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ


村 経営ブログ 広告・マーケティングへ” /></a><br /><a href=にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

★集客用小冊子のサンプル請求はこちら

忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ