「私は、なぜこの仕事に就いたのか」を小冊子で熱く語れ!

★ 人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

 なぜ、この仕事に就いたのか?
なぜ、この商品を開発したのか?

お客様にとって、この話はかなり重要です。
たとえば、
健康上の理由から毎日の食事づくりで有機野菜を使う人にとって、
オーガニック農家の
「なぜ、有機野をつくることになったのか?」は、
非常に関心のあること、知りたいことだと思います。
さて、
高額商品、本物商品、難解商品を販売している
あなたはどうでしょう?
あなたは、お客様が心の底から知りたいと思っている
・なぜ、この仕事に就いたのか?
・なぜ、この商品を開発したのか?

この物語をちゃんと語り伝えているでしょうか?

こんにちは。
集客用小冊子制作アドバイザーの
十 河 尚 史(そごうひさし)です。
今日のテーマは、
↓   ↓   ↓

★「私は、なぜこの仕事に就いたのか」を熱く語れ!

今回は長い文章になります。
最後までお付き合いくださいね ( *^-^)

「なぜこの仕事に就いたのか」を語るだけで
あなたのファンが30人増える!

私の地元で有名な経営コンサルタントA氏の講演会が開催されました。
A氏は、講演が上手で、
しょっちゅう話を脱線させて、聴衆者を笑わせてくれます。
ですが、その脱線話の
 ・なぜ、経営コンサルタントになったのか
・喰えなかった会社創業時代の苦い思い出

この物語で、私たち聴衆者は心をギュッと掴まれて、
講演会に引き込まれていったのです。
そして、
アッという間に講演会が終了、割れんばかりの大拍手。
司会者の「本日はありがとうございました」の言葉で閉会すると、
A氏の席へ4~5名の聴衆者が、
「名刺交換させてください」と駆け寄り、
その1分後には約40人の長い行列ができていました。

私はその行列を見ながらこう思いました。
 今日の講演内容は素晴らしかった。本当に勉強になった♪
でも、それだけではこの40人の名刺交換の行例はできなかっただろう。

 ・なぜ、経営コンサルタントになったのか
・喰えなかった会社創業時代の苦い思い出

 この話がなかったらこの行列は10人程度だったのでは?
この話を入れたことで、
新たに30人がこの行列に加わったと想像したのです。

なぜ、そうなるのか?
それは、99パーセントの社長が、
 なぜ、この仕事に就いたのか?
なぜ、この商品を開発したのか?
なぜ、この会社を立ち上げたのか?
こんな熱き思いを語らないからです。
多くのお客様は、潜在意識の中で商品購入会社の社長の
こんな物語/ドラマを聞きたい!と熱望しているのです

 

『信条を語り伝えるツール』をつくらない経営者が
9割を超えるという悲しい事実

 

blogあなたに相談発注しようとしている

あなたが、高価な×××の購入を考えていたとき、
偶然、ある会社の 『×××入門講座』 という小冊子を
手にして、軽い気持ちで読み始めました。
ところが、その小冊子の
『第3章 なぜ、この商品を開発したのか』を読み始めると、
一気にその小冊子ドラマに引き込まれてしまうのです。
そこには、
 なぜ、この商品を開発したのか?
それは、
窮地に陥ったあるお客様からのお手紙からでした・・・。

というドラマが綴られていました。
そして、その後の
第4章の『解決策の提示』。第5章の『解決策の補足』を
著者の思いや人柄を感じながら真剣に読んだ読者は、著者のファンになり、
 よし、この人に相談しよう♪
この人にお願いしよう♪ー♪ー

と、行動を起こすのです。
この設計士さんに
多くの経営者は『営業ツールづくり』には、
かなりの予算と手間をかけるのに、
高額商品や本物商品の購入を考えているお客様が
心の底から知りたがっている
 ・なぜ、この仕事に就いたのか?
・なぜ、この商品を開発したのか?
・なぜ、この会社を立ち上げたのか?

などの『信条を語り伝えるツールづくり』には
あまり関心がありません。本当に不思議です。
 星の数ほどある営業ツールは埋もれてしまうだけなのに・・・
お客様の心には響かないのに・・・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

あなたの豊富な営業ツールに、
小冊子のような『信条を語り伝えるツール』をプラスしましょう。
多くのお客様があなたの物語/ドラマを心待ちにしています♪

しかし、多くの社長が、
 私には人様に語るほどのドラマはありません。
と言います。
いいえ、あります。ドラマにする気がないだけです。
10年も20年もその仕事を続けていたらドラマのネタは必ずあります。
絶対にあります。

小冊子というあなたの1時間セミナーの中で、
 ・なぜ、この仕事に就いたのか?
・なぜ、この商品を開発したのか?
・なぜ、この会社を立ち上げたのか?

を熱く語りましょう。
すると、小冊子読者から、
私はあなたのような専門家を探していました♪
実は、相談したいことがるのですが・・・

と、見込み客が行動を起こしてくれるのです\(^o^)/

●――――――――――――――――――――――――――――――――――――――●
セミナーを本に あなたの専門知識や豊かな経験を整理整頓して
あなたの専門知識を本・小冊子にすると、
「あなたのような専門家を探していました!」
という優良顧客が集まってきます。本書は忙しい
経営者が本を執筆する方法をわかり易く解説
しています。そして、
『小冊子づくりが楽しくなるWORD書式』

 読者限定特典もご用意しました▼
 『あなたの1時間セミナーを本にすると
  優良顧客が集まってくる』
A5 100P 十河尚史著  ☆Amazonより販売中
 右の本の写真をクリックするとAmazonへ

●――――――――――――――――――――――――――――――――――――――●

ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

人気blogランキング
↓  応援のワンクリックお願いしま~す♪


忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用求人用 小冊子
サンプルを無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ