2年待っても出版が実現しないのなら・・・あなたの小冊子をアマゾンから全国販売しましょう!

小冊子が効く理由と小冊子の上手な使い方

その1

小冊子の営業力はパンフレットとは桁違い!

社長の頭脳や社内に眠らせている『素晴らしい専門知識』『豊かな経験』を小冊子にまとめると、強力な営業・集客ツールになります。
売込み色の強い『営業用チラシ・パンフ』とは比較にならない力を持っています。

小冊子の営業力はパンフレットとは桁違い!

その2

1時間セミナーのように丁寧にお教えできる

「難解な商品・サービスを扱っているので本当はセミナーで集客したい。でもセミナー開催のノウハウがない……」とお悩みなら、『小冊子による1時間セミナー』を多くの人々にお届けしましょう。

その3

専門性を強烈にアピール

今のお客様は「何でもやります。出来ます」という平凡な会社よりも、「弊社は×××の専門会社です。×××なら県下でナンバーワンです」という専門性を重視します。小冊子が御社の専門性をしっかりアピールしてくれます。商圏をぐっと広げてくれます。
例:私どもはインプラントの専門医院です/私どもは車椅子の人が快適住めるバリアフリー住宅の専門会社です。

その4

理想的なお客様を集めてくれる

対面営業では語ることのない『仕事へ情熱』『高い志』『新商品の開発秘話』などの思いを小冊子に綴ると、あなたの理念に共感共鳴してくれる理想的なお客様が集まってきます。

理想的なお客様を集めてくれる

その5

小冊子で成約率が大幅UP!

高額商品の対面営業や、カウセリングが終わるタイミングで「×××選びの基礎知識を書いた小冊子です。自宅で読んでください♪」と小冊子を渡しておくと、「あの小冊子は大変勉強になりました!値段だけで選んだらダメですね(^o^)」と、次回の商談での成約率がかなり高くなります

小冊子で成約率が大幅UP!

その6

新規開拓活動が一気に動き始める

営業部長が部下に「新規開拓と休眠顧客の掘起こし営業に力を入れなさい!」と発破をかけても、『笛吹けど踊らず』という会社が多いのではないでしょうか。
たとえば、美容院の材料販売会社が『なぜあの美容院は儲かっているのか?』という小冊子を用意しただけで「この小冊子があれば訪問しやすい♪」と、腰の重たかった営業マンが動き始め、成果を出す営業部へと変わっていきます。

その7

小冊子が顧客育成の流れをつくる

『集客(見込み客を集める) → 入門商品を買ってもらう → 高額商品を買ってもらう → 継続客へと育つ』という顧客育成の流れにおいて、小冊子が強力な『見込み客集めツール』となります。

小冊子が顧客育成の流れをつくる

その8

小冊子ボックスで地元地域に告知する

知り合いのカフェ・美容院、取引銀行店舗に、あなたの小冊子を入れた小冊子ボックスを置いてもらいましょう。小冊子が口コミになります。人から人へと手渡されていきます。
★小冊子ボックスのページは こちら

小冊子ボックス

その9

Amazonで全国販売

あなたの小冊子をAmazonに登録しましょう。
「へぇー、地方の中小企業がこんな本を全国出版しているなんて凄い!」と、ブランドUPに繋がります。
★Amazonからの全国販売は こちら

その10

小冊子+ファックスDM+ステップメールで

小冊子を告知するファックスDMを流して小冊子を請求してもらいましょう。小冊子で集まった見込み客リストに対して、ステップメール※やDMでのフォローを継続して成約客へと育てましょう。
※あらかじめ準備したフォローEメールを自動配信するステップメールは こちら

ファックスDM+小冊子の流れ図
ご質問・見積り依頼・資料請求などはこちらからお問い合わせください 087-891-0170 【平日】 9:00〜18:00