お客様との接触頻度

この度、従来の健康・美容・エコに関する記事を中心に集めた記事ネタ「健康美人だより」とは別に

住宅や暮らしの話題を中心に集めた記事ネタ「ワクワクライフだより」の配信サービスを新たに始めました。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.artinsatsu.com/service/newsletter/neta/haishin/#day-15

 

「今さら…」「そんなこと知ってるよ」と思われるかもしれませんが敢えて説明させてもらうと

集客用小冊子が、見込客を顧客に育てるツールなら

ニュースレターは、顧客をVIP客(リピーター)に育てるツールです。

 

「商品を買ってくれたから、もういいや」と、

せっかく顧客になってくれた人を放ったらかしにしていませんか?

顧客になってくれたのなら、次回も、そしてその次も買ってもらえるよう

定期的かつ継続的に接触していくことが大切です。

ニュースレターは、お客様との接触頻度を保ち続けていくのに有効なツールです。

でも、定期的かつ継続的に発行していくのは大変。

ニュースレターの制作・発行だけに専念できるのならともかく、

ほとんどの方が忙しい日常業務と両立させながら実践しています。

 

そんな方の負担を軽減してくれるのが「ネタ帳」です。

ネタ帳

 

読んだ人が愛着や親近感を感じてくれるようなニュースレターにするためには

このネタ帳をそのまま転用するのではなく、ひと手間アレンジを加えて欲しいです。

一番てっとり早いアレンジ方法としてオススメなのは、

記事ネタの中から、気に入った記事を自分でひとつ選んで、それを実践・体験してみる。

そして、その結果や感想を記事として付け加えることです。

例えば、ネタ帳に料理レシピの記事があったら、まずはそのレシピどおりに自分で料理をつくってみる。

料理の経験がある・ない、上手・下手は関係ありません。

料理ができていく過程とその仕上がりを写真として残しておきます。

あとはその写真と自分なりのコメントや感想を掲載すればOK!

それだけでユニークで、読んだ人が親近感を感じてくれる記事になると思いますよ。

ぜひお試しくださいね♪

 

 

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

ウチの独自性って何だろう?

  「せっかく小冊子をつくるのなら
 同業他社と差別化できる内容にしたい!
 誰にでも書ける内容ではナンセンスだし…。
 でも、自社に独自性や強みが見い出せないから原稿が書けない。」

1か月前、こんな悩みを打ち明けてくれたのは関西の税理士事務所を営んでいる H さん。

たしかに、自社の独自性や強みがあらかじめ分かっていれば

小冊子の原稿づくりもスムーズに進めることができそうです。

でも、これまで10年以上、お客様の小冊子原稿づくりをサポートしてきて思うのは

自社が持っている本当の独自性や強みって、

当の本人はなかなか気づけていないことが多いです。

 

写真 2016-05-27 16 36 50

 

そういう弊社も【 集客用小冊子 】のサイトを起ち上げた15年前は

通販でオーダーメイドの小冊子(本)を印刷・製本できることが自社の強みだと思っていました。

でも、1年が経過したある日、お客様に言われたのです。

  「単に小冊子を印刷・製本してくれるところなら
 御社より安価で引き受けてくれるところが山ほどある。
 それでも御社にお願いしようと思うのは
 小冊子の企画や原稿づくりも一緒に考えてくれて
 丁寧にアドバイスしてくれるからなんだ。」

小冊子をつくる過程で、弊社にとっては当たり前だと思ってこなしていた業務が

お客様(第三者)から見れば、実は他社にはない弊社の独自性だったんです。

 

さて、

「自社の強みがハッキリしないから小冊子の原稿づくりが進まないんだ」と思い込んでいたHさんには、

まずこれまでご自身が経理の専門家として働いてきた中で

特に得意だったことや好きだったこと、情熱を注いできた分野について文章にまとめてもらいました。

 

税理士さんの場合、節税対策が得意の人もいれば、相続対策が専門の方もいます。

また、介護事業の起業支援に力を注いでいる人もいれば

歯科医院に特化したコンサル業務をに力を注いでいる人もいます。

Hさんの場合は【 事業承継 】でした。

「取引先である企業やお店の半分が20年以上の付き合い」というHさんは

必然的に取引先の業績を継続的に安定させるため、

親から子への事業承継を数多く携わっていました。

Hさんにとっては取引先の業績を安定させるための方法として

当たり前のコンサルタント業務だと考えていたようですが、

第3者である僕から見れば、これこそ大きな強みに思えるのです。

 

案外、その会社やお店の本当の独自性や魅力を見い出せるのは

第3者やお客様なのかもしれません。

 

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

原稿執筆で挫折しないために

ちょうど1年前、九州で健康食品の通販を営んでいるI社長さんから

 「 ウチも小冊子をつくりたい!
 原稿のネタも頭の中に浮かんでいる!
 1ヶ月で書き上げるから、ちょっと待ってて!」

というお電話をいただきました。

その電話以来、I社長さんとは音信不通だったのですが

つい先日、やっとコンタクトが取れました。

I社長さんによると

 「 実は小冊子づくり、まだ何も進んでいないんだよ。
 頭の中では漠然とネタは浮かんでるんだけど
 どれもぼんやりしていてまとまらないんだよ。」

とのことでした。

 

小冊子のようにまとまった文章量が求められる場合、

なにから手をつけて良いのか分からず、

執筆作業に取りかかれないという方もいるのではないでしょうか?

僕はこれまで10年以上、お客様の原稿執筆をサポートしてきましたが、

いつもお客様にアドバイスするのは、

必ず 【 目次 】 をつくってから原稿執筆に取り掛かってもらうことです。

家を建てる時、まず間取りを決め、設計図を作成してから工事に着工するように

小冊子をつくる場合は、あらかじめ 「どこに」 「何を」 書くのかを示した目次を完成させてから

原稿執筆に取り組んで欲しいと考えています。

目次は、原稿執筆をスムーズに進めるための設計図です。

 

 ※あらかじめ目次を考えておくメリットについては電子出版もしていまーす♪
       ↓  ↓  ↓
     http://ur0.biz/DRzt

目次が完成したら、いよいよ原稿執筆に取り組んでいくわけですが、

ここでも気をつけて欲しいことがあります。

それは最初からキレイで上手な文章を書く必要はないということです。

 

I社長さんにも言えることですが、原稿執筆で行き詰ってしまう人の共通点は

ご自身の頭の中で完璧な文章を組み立ててから活字にしようとすることです。

プロの作家ですら、最初に書き上げた原稿に何度も手直しを加えていきながら

完成度を上げていくのに、一般の私たちが最初から完成度の高い文章を書こうと思えば、

時間的にも精神的にも相当な負担を自ら課すことになります。 

 

原稿執筆

 

僕も仕事柄、文章を書く事が多いのでイヤというほど経験しているのですが、

原稿執筆の際、「何を、どう書こうか?」を頭の中だけでいくら考えてみても

時間だけが経過して一向に前に進みません。

頭の中に浮かんでいる考えや想いはとにかくアウトプットしてみましょう。

まともな文章である必要はありません。走り書きでもOKです。

 

仮に、文章としての完成形が 「10」 だとすれば、

まずは 「0(ゼロ)」 を 「1」 にすることが重要です。

 

さて、1年間ずっとI社長さんの頭の中でくすぶっていた考えや想いも、

おぼろげながらようやくカタチになりました。

もちろん現段階では文章の質・量とも完成度としては「1」ですが、

カタチにさえなれば、それを土台に弊社とI社長さんが意見交換を交わしながら

段階的に無理なく完成度を上げていくことができそうです♪

 

 

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

正しく知ってもらうこと

千葉県のかつらやま歯科医院の院長さんは今回、

地元の女子高生に限定して配布する求人用の小冊子を作成しました。

 

求人用小冊子

 

目的は2つあります。

 

 1.就職という人生の大イベントをこれから迎える高校生に

   歯科衛生士という職業も選択肢に加えて欲しい

 2.自院が求める理想の新人(歯科衛生士)に巡り会いたい

 

歯科衛生士は今後ますます重要な役割を担う職業といわれていますが、

その数は慢性的に不足していて、全国の歯医者さんの悩みでもあるようです。

 

そういえば以前、ある社労士さんの小冊子作成をお手伝いさせていただいたことがあります。

小冊子のテーマは「採用業務の常識・非常識」。

中小企業の人手不足が深刻な社会問題になっていますが、

求人を出しても思うように人が集まらない原因のひとつは

その企業の【 顔 】が求職者に見えにくいからだと話してくれました。

 「 社長さんはどんな人柄なのか?」

 「 仕事に対してどんな考えや想いを持っているのか? 」

 「 社風は? 経営理念は? 」

         
WEBサイトを見れば、代表の挨拶や経営理念がキレイな文章でまとめられていますが、

どこか無機的で、その企業の【顔】でもある社長さんの人柄や理念を

きちんと伝えられているところは少ないと感じています。

きっと求職者にとっても、その企業の中身が見えにくいので、

不安を感じて応募を躊躇してしまうのだと思います。

 

これって、売り手と買い手の関係に似ていると思いませんか?

私たちが商品やサービスを購入しようとする時、

それが自身にとって重要なものであればあるほど、

どこ(誰)から買うのかは大切な選択基準のひとつになります。

 

ブランド物のバッグや時計、靴が高くても売れるのは

品質やデザイン性が高いのはもちろんですが、

それを製造・販売する企業・お店を信頼・安心しているからですよね♪

では、なぜ信頼・安心できるのかといえば、

お客様がその企業・お店のモノづくりに対する想いや姿勢をよく知っているからだと思います。

 

今回、かつらやま歯科さん院長が小冊子を作成した動機もこれに尽きると思います。

高校生にとって就職は、これからの人生を左右しかねない大イベント。

どんな職業を選び、どこで働くのかは、最も重要な選択基準です。

歯科衛生士という職業と、かつらやま歯科医院のことを小冊子で正しく知ってもらうことで、

将来、求職してくれるかも知れない人の不安や心配を取り除いてあげているのだと思います。

 

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

著者が伝えたいこと・読者が知りたいこと

 

「育児書どおりでなくても大丈夫♪

  だから、子どもの【育つ力】を奪わないで!」

 

学校生活にうまく馴染めない子どもをもつ親に

こんなメッセージとエールを

1冊の本にして送りたいと考えたのは杉本景子さん。

  ↓ ↓ ↓

http://urx.red/Drbj

9784904392539

 

彼女は心理カウンセラーとして、

また、自らフリースクールを運営しながら

これまでたくさんの子どもと接してきました。

そんな彼女は大きな疑問を抱えていました。

それは、学校でみんなと同じことができない子どもが

すぐに発達に問題があると疑われてしまう現状にです。

そんな時、【HSC】の存在を知り、彼女なりの結論を導き出せたことが

今回の冊子を出版するきっかけになりました。

 

さて今回、杉本さんが書き上げた原稿を読んで、

どうしても気になることがありました。

それは文章が【HSC】という概念の説明に終始してしまっていることでした。

専門家として「高度で最新な情報を読者に提供したい!」

という気持ちはよくわかります。

でも、読者の立場としてはどうでしょうか?

育児書どおりに子育てできず悩んでいる若いお母さんは

どんな情報を求めているのでしょうか?

 

きっと読者(子育てに不安や心配を抱えているお母さん)は、

こむずかしい概念の説明や解説を求めているのではなく、

心理カウンセラーとして、もしくはフリースクールで

たくさんの子どもとその親に接してきた著者だからこそ

たどり着いた考えや想いを知りたいと願っているはずです。

 

そのことを杉本さんに伝えると、快く原稿内容の修正・加筆に応じてくれました。

さらに、杉本さん自身が3児の子育て真っ最中とのことでしたので

母親としての子育て体験や率直な想いも書き足してもらいました。

 

おかげで、著者の人柄が感じられて、

子育てに奮闘しているたくさんのお母さんが共感してくれそうな本になったと思います。

 

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

もし記事の内容が気に入ったら、

応援のワンクリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

デジタルとアナログ

弊社には年間およそ300件の資料請求があります。

言い換えれば将来、顧客になってくれるかもしれない人(見込客)が

毎年300人も手を挙げてくれています。

本当にありがたいことです。

ただ、当然のことながら資料請求してくれたからといって

すぐに買い物行動を起こしてくれるわけではありません。

特に弊社が取り扱っている商品「集客用小冊子」を買ってもらうには、

「原稿づくり」という障壁を乗り越えてもらう必要があります。

見込客が抱えるその負担や不安を少しでも軽減してもらえるように

無料のメールセミナーやメルマガで継続的にフォローしてきたつもりです。

 

でも去年ぐらいから反応率が徐々に落ちてきていました。

そこで試験的に、今年に入って資料請求してくれた方で、

3ヵ月が経過した20人の方を対象に

【 アンケートはがき 】 DMを送ってみました。

 

大判はがき

 

結果は、6人の方がリアクションを起こしてくれて

そのうち2人は一気に成約へとステップアップしてくれました。

成約してくれた2人はこれまでの3ヶ月間、

なんのリアクションも起こしてくれてなかった人だったので、

この急展開にはちょっと驚きであり、嬉しい誤算でした。

 

DMの内容が良かったのかといえば

「〇〇や△△、もしくは□□で悩んでいませんか?
 もし今、困っていることがあれば教えてください。
 きっと良い解決策を提示できます♪」

と、べつに特別な内容でも何でもなく、

これまで配信してきたメールセミナーやメルマガでも常に告知してきたことです。

 

弊社と同様、Eメールやメルマガで見込客をフォローしている企業やお店は多いと思います。

IT(デジタル)を活用して見込客をフォローすること自体、

それに割ける人手も時間も限られている私たち中小企業にとっては

日常業務と両立しながら、低コストで継続していくために必要不可欠だと思っています。

 

でも、全ての見込客が毎日星の数ほど届く大量のメールの中から

私たちが配信するメッセージをきちんと選別して、

毎回読んでくれているわけではないのだと今さらながら実感しています。

 

Eメールやメルマガでお役立ち情報を提供して信頼関係を少しづつ構築していきながら

「必ず見てほしい」「必ず読んでほしい」情報やメッセージは

ひと手間かけてアナログのツールで見込客に確実に届けることは

次のステップ(買い物行動)に促す有効な方法のひとつだと思います。

 


働くヒトランキング

口頭ではなく、小冊子で伝える理由

先日、呼吸器内科の専門医である三島先生が小冊子を出版しました。

三島先生の小冊子出版をお手伝いさせてもらうのは今回で2回目です。

最初に小冊子で取り上げたテーマは【禁煙】。

タバコをやめたくてもやめられない人へのエールと解決策。

そして今回のテーマは【喘息】。

喘息は多くの人が勘違いしているため重症化してしまう病気。

正しい知識をもって、健康な人と同様の日常生活を送ってほしいというメッセージが込められています。

 

 ※三島先生が出版した小冊子はコチラ
     ↓  ↓  ↓
  http://ur0.link/D3zX

 

なぜ、三島先生は口頭で直接伝えないで、

小冊子というカタチで患者様にメッセージを届けるのでしょうか?

きっとそれは、

患者様が不安や緊張感でいっぱいの心理状態になりがちな病院という空間ではなく、

患者様がリラックスしている空間・時間帯に

自分の専門知識やメッセージを伝えたいと考えたからだと思います。

どんなに丁寧で親身なアドバイスも、

アドバイスを受ける側の心理状態が不安や緊張でいっぱいではそれどころではなくなります。

当然、理解度も半減します。

また、口頭で長時間、説明を受けながら、全て理解しようと思うと大変ですよね。

活字なら自分のペースで読み進められるし、繰り返し読み返すことができるのも

理解度の向上につながるのだと思います。

電子書籍化するメリット

大阪の西村歯科さんは、
弊社が【集客用小冊子】の制作サービスを始めた頃から
お付き合いさせていただいているお客様です。

院長である西村先生の専門分野は「顎関節」。
これまで4つの小冊子を作成して
来院する患者様に配布してきました。

そして一昨年、これまでに発行してきた
小冊子の集大成として1冊の本にまとめ、
電子書籍化(Kindle出版)しました。
  ↓ ↓ ↓
http://ur0.biz/CQ7m

西村先生

出版社から紙の本としても自費出版しているのに
電子書籍としても出版したのには
2つのメリットがあるからです。

ひとつめは、電子書籍は紙の本と違い、
減ったり無くなったりすることがありません。
在庫管理も不要で、増刷の必要もありません。

ふたつめは、出版当初は最新の情報でも
2年、3年と経過するうちに時代背景や法律の改正などで
原稿内容に修正や加筆が必要になることもあります。
紙の本の場合、印刷・製本し直さないといけませんが、
電子書籍なら出版データを上書きするだけです。

つまり、低コストで半永久的に出版を継続できます。

むかし、出版社から本を出版したけど出版契約等の問題もあり、
やむをえず絶版・廃版にしてしまったという方が
低コストで再出版するのに電子出版(Kindle出版)は最適な方法だと思います。

   
 

集客用小冊子制作アドバイザーの遠藤です。

 

ユニークな『レシピ集』が完成しました。

なぜユニークなのかというと、

【歯を治療中の人】専用のレシピ集だからです。

レシピ集

 

この『レシピ集』を企画したのは、長崎の鶴田歯科医院さん。

「歯を治療中の患者さんにも食事を楽しんでほしい」という想いで、

院長を含めたスタッフ全員がそれぞれ実際に料理してみて、

その手順や味の感想を紹介しています。

どうでもいいかもしれませんが、つい10年前まで僕は

子どもの頃のツラい治療体験がトラウマになっているのか、

世の中で3本の指に入るくらい歯医者さんが嫌いでした。

でも仕事柄、全国の歯医者さんの小冊子作成にたくさん携わらせてもらって、

患者さんの【痛い】【怖い】気持ちに寄り添えるお医者さんが増えていることを実感します。

そして今では、歯が悪いわけでもなく、痛くわけでもないのに3ヵ月に1回、

予防のために歯医者さんに通う変貌ぶりです。

Amazon出版

集客用小冊子制作アドバイザーの遠藤です。

先般、ある方の旅行記の出版をお手伝いさせていただきました。

 

得居さん

 

みなさんは、ブルガリアってどんな国だと思いますか?

約40年前、仕事で赴任することになった著者は、あの有名なヨーグルトに例えて

「つかみどころがなく、酸味は強いが、慣れると毎日欠かせなくなる」と評しています。

 

この本は本来なら10年前に出版するつもりだったそうです。

でも、どこの出版社に相談しても出版コストが現実的ではなく、自費出版の高い壁に阻まれていました。

でも今回、Amazon「e託販売」サービスを活用することで念願の全国出版が実現しました。
     ↓ ↓ ↓
  http://urx3.nu/CDiS

 

Amazon「e託販売」は出版社から自費出版するコストの2割~3割で出版できることが最大のメリットです。

 ※Amazon「e託販売サービス」の概要はコチラ
        ↓  ↓  ↓
  http://artinsatsu.com/service/publish/

 

低コストで自費出版を実現できる要因のひとつとして、著者自身が発行部数を決められることが深く関係していると思います。

出版社から自費出版しようとすると、全国の書店に配本・在庫を確保しておくなどの名目で最低でも500冊はつくるように勧められます。

もちろん作った数だけ売れれば何も問題ないのですが、私たちのような無名の一般人が書いた本がそう簡単に売れるわけではありません。

その結果、著者は大量の在庫を抱えることになり、印刷・製本費用の大半が無駄になるといっても過言ではありません。

 

一方、Amazon「e託販売」なら、著者が必要だと思う数だけ作って出版できます。

ちなみに今回の著者は60冊つくりました。

出版された本は、国立国会図書館で半永久的に保管されます。

きっと今回の著者も、自分の本が売れる・売れないは二の次で、

ご自身が生きた証が「書籍」というカタチで

後世にも引き継がれていくことが大きな魅力なのだと思います。