【郵便局広告】を活用した集客術

九州のK会計事務所さんは【相続】が専門分野。
それをひとりでも多くの人に知ってもらうためパンフレットを作成し、
【郵便局広告】を活用して配布しているそうです。
  ↓   ↓   ↓
https://www.jp-comm.jp/service02_02.html

なぜ、K会計事務所さんが郵便局を活用しているのかというと

1.全国に約20,000箇所ある郵便局だから、
 配布エリアを自分の商圏内だけに細かく絞り込める

2.郵便局へ行く割以上が40~70代の年齢層の人なので、
 ご自身が想定しているターゲットと合致している

以上が主な理由だと考えられます。

そして、K会計事務所さんか弊社にら定期的に
パンフレットの増刷依頼があるのも
【郵便局広告】で一定の成果を上げているからだと思います。

この【郵便局広告】を活用できる業種は、
ほかにもあるのではないでしょうか?

弊社のお客様を例に挙げると、

・健康寿命を延ばす体づくりをサポートしている整体院

・定年や子どもの独立など生活ステージの変化で
 家のリフォームを検討している人の不安や心配を
 【徹底したアフターフォローの実践】で払拭しようとしているリフォーム会社

・お客様ひとりひとりの生活スタイルに合っていることはもちろん、
 家族のみんながご先祖様に自然と手を合わせたくなる仏壇選びを
 提案している石材店

などです。

【郵便局広告】は、シニア層をターゲットに設定していて、
かつ地元密着を目指している企業には有効な集客方法だと思います。

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

サブコンテンツ