お客様が気づかせてくれた小冊子のメリット

先日、九州のコンサルタントさんが資料請求をしてくれた際に
こんなメッセージを添えてくれていました。

「今までは動画やPDFなどのデジタルコンテンツをダウンロードしてもらうことで
  見込客を集めてきたけど、なんとなくしっくりこない。
  だから初心に返って、小冊子で見込客を集めてみたい。」

IT全盛の現在、

「わざわざ手間とコストがかかる小冊子をつくらなくても、
  Web内やSNSで発信していけば十分に事足りるのでは…」

と考えている方も多いと思います。

たしかに、小冊子をつくろうと思えば
その原稿づくりにはみなさん苦労しています。
そして、印刷・製本のコストもかかります。
小冊子をつくる際のデメリットだといえます。

でも弊社のお客様は、このデメリットをメリットに変えてくれています。
みんなが面倒臭がってつくらない・つくれないからこそ頑張って小冊子をつくれば
競合他社との差別化になるし、自社の価値もきちんと知ってもらうことができると
考えてくれているのです。
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

今は、情報の大洪水時代。
お客様が取得する情報量は10年前とは比較にならないほど増えましたが
あまりに情報過多で、その取捨選択に困っている人が多いといわれています。

一方、売り手である私たちもせっかく良質な情報を提供しても
どんどん押し寄せる情報の波に埋もれてしまい、
本当に伝えたい相手(本気の見込客)に見つけてもらえない可能性が高まっています。

この両者の問題を一挙に解決するのに小冊子は有効なツールです。

「その商品・サービスについて真剣に勉強したい」と考えている人と、
売り手が本当に読んで欲しいと思っている人を引き合わせてくれます。

お客様は「本当に自分に合っている商品・サービスなのか?」
という不安や心配を取り除いてくれる専門家を探しています。

売り手である私たちは
「どんな人の悩みや問題を解決できるのか?」
そのターゲットを明確にして、
自らの専門分野とアドバイスをカタチ(書籍化)にしておきましょう。

「ぜひ、その本を読みたいから自宅に送って欲しい」と、
きちんと個人情報を明かしてくれる人や、
著書をAmazonに登録しておけば、お金を払って読んでくれる
本気の見込客に出会える確率がグーンと高まります。

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。
もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

サブコンテンツ