歯医者さんの「求人」大作戦

長崎のT歯科医院さんが6冊目となる小冊子を完成させました。

今回は【集客用】ではなく、

優秀な歯科衛生士さんにめぐり合うための【求人用】の小冊子です。

求人用小冊子

◆中小企業の求人難問題を解決する求人用小冊子とは

https://www.kyujin-up.org/what-is-kyujinyosyousassi/

 

【集客用】も【求人用】も、小冊子をつくる目的は同じです。

それは、ターゲット(読者)が抱えている不安・心配を取り除いてあげて、

行動を起こしてもらうことです。

 

では、これから歯科衛生士として頑張っていこうと就活している学生は

就職先にどんな不安や心配を抱えているのでしょうか?

給与や福利厚生などの待遇面でしょうか??

でも、それは求人票を見れば、容易に比較・検討することができますよね。

それよりは、求人票や会社説明会の情報では判断するのが難しい

「本当に自分に合った職場なのか?」だと思います。

 

T歯科医院のT院長がこの小冊子を執筆したのも

【雇用する側】と【雇用される側】のミスマッチをなくすためです。

 

T院長はこれまでの経験から、

新しく雇用したスタッフが職場に馴染んで永く働いてもらうために

【誰と働くことになるのか】をあらかじめ知ってもらおうと考えました。

 

具体的な例を挙げると…

・院長がどんな考えや想いで仕事に取り組んでいるのか?
・将来のビジョンは?
・スタッフはどんな人がいるのか?
・職場はどんな雰囲気なのか?
・求めている人物像は?

など、いずれも求人票や会社説明会の中では伝えきれない情報を

小冊子にまとめています。

 

さらに、この小冊子は就活中の学生だけでなく

そんな学生の就職をサポートする大学・高校・専門学校の職員にも

配布するそうです。

 

日々、学生たちから就職について希望や悩みなどの相談を受ける職員に

あらかじめ自院のことをよく知ってもらっていれば

「この医院は、あなたに合いそうだからコンタクトを取ってみれば♪」と

紹介してもらいやすくなるかもしれません。

 

今回のT院長の試みは、一般の企業やお店の求人にも応用できそうです。

「定期的に求人広告をうってるのに、全く反応がない」という場合は、

就活中の学生はもちろん、

大学・高校・専門学校の担当職員やハローワークの職員に

配布してみるのも有効かもしれません♪

 

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

サブコンテンツ