理想のお客様を集められた理由

数年前、歯科医院の数はコンビニより多いと言われていました。

最近では、整体院や接骨院といった治療院の数も

一気に増えたと感じます。

弊社のお客様にも治療院を営んでいる方はいますが、

歯医者さんの時と同様、

「脱 保険治療」「患者さんの自費率UP」を

目指している方が多いです。

なぜなら現状の保険制度を適用しようとすると、

患者様に本当に必要な施術(サービス)を

提供できないことがほとんどだからです。

せっかく培ってきた専門性の高い知識や技術を

商品やサービスにきちんと反映できないのは

提供する側にも提供される側にも不幸なことですよね。

和歌山で整骨院を営んでいるTさんは

これまでに培ってきた専門性の高い知識や技術を

必要としてくれる患者様と出会うために

ご自身の【強み】を本にまとめて、出版しました。
   ↓  ↓  ↓
http://ur0.link/FMPX

 

【強み】 = 【得意分野】 【専門分野】 です。 

 

これだけモノやサービスが溢れている中、

「なんでもできます」はお客様にとって不親切になることもあります。

実際、会社選びやお店選びをする際、

「○○で困った時は、どこに頼めば後悔しないのか?」

「××で悩んでいるんだけど、誰に相談すればイイんだろう?」

と、お客様が判断に困る業種・職種は多いと感じています。

そんな時、他に判断基準がないと

お客様は【価格】という基準で判断するしかありません。

あなたの【強み】は、どんな人の問題・悩みを解決できますか?

歯医者さんを例に挙げるなら、

患者様のお口の中の健康を守り維持するという目的は同じですが、

それを実現する方法として、

歯を失った方のために「インプラント」治療が得意な先生もいれば、

そもそも虫歯にさせない「予防歯科」が得意な先生もいます。

会計士さんや税理士さんなら

相続問題の解決が得意な会社もあれば、

これから会社を起こそうとする人のための

起業支援が得意な会社もあるはずです。

整体院・接骨院を例に挙げるなら

高齢者のひざの痛みを緩和するのが得意な先生もいれば、

スポーツの後の身体のケアが得意な先生もいると思います。

Tさんは、

原因がはっきりしない慢性的な腰痛や肩こりに悩まされている人に

自分の専門知識・技術が必ず役立つことを小冊子で分かりやすく

解説してくれています。

ご自身の【強み】を明確に発信することで、

Tさんがいつも頭の中で思い浮かべる理想のお客様(患者様)へ

強いメッセージを送っているのです。

 

小冊子を出版して1年経った頃、

集客にどんな影響や効果が出ているのかをTさんに訊く機会がありました。

 

「小冊子(本)を出版しているという肩書きの効果は想像以上で、

 読者(患者様)が私のことを専門家として認めてくれてるみたいです。

 なにより私の治療理念に共感・納得してくれている人が来院いただけるので

 本当に施術もスムーズです。

 だから価格は二の次で、

 私にとっても患者様にとってもベストな施術を選択してくれるようになりました♪」

と、Tさんが嬉しそうに話してくれたのが印象的でした。

 

今回もさいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

もし記事の内容が気に入ったら、応援のワンクリックをお願いします。

 ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

サブコンテンツ