自分の仕事の 研究論文を書け!
(コンサルタント パーソナルトレーナー 小冊子)

★ 人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

数年前から、右膝にごく小さな痛みを感じていました。
そんな中で、昨年の秋に友人と旅に出ました。
ところが、自宅に戻ってくると右膝に激しい痛みが走ったのです。
「この痛みは異常だ!」
そして翌日、
杖をつきながら、知り合いの医師が紹介してくれた整形外科を訪ねて診てもらいました。
すると、その医師が、
 レントゲン検査の結果は特に異常はありません。
 ただし、右膝に水が溜まっています。
 水を抜いて、ヒアルロンサン注射を続けていけば、
 1カ月程度で良くなるでしょう♪

と、ほっと安心できることを言ってくださったのです。
そして、私は真面目に通院して、注射や右足を温めるリハビリを続けました。
ところが、2月半が経過しても杖を手放せませんでした。
大型家電量販店での買い物では、
サービスカウンターで車椅子を借りるほどでした。
 参ったなぁ~。出張も行けない。
 レントゲン検査では問題はないのに……
 真面目に通院しているのに……
 いろいろな民間療法をやっても効果なし。
 もう打つ手がないなぁ~
 

こんな私の大ピンチを
岡山県倉敷市のパーソナルトレーナーさんが救ってくれたのです(^o^)

      こんにちは。
        集客用小冊子制作アドバイザーの
         十 河 尚 史(そごうひさし)です。
            今日のテーマは、
           ↓   ↓   ↓
     ★ 自分の仕事の研究論文を書け!
       
       最後までお付き合いくださいね ( *^-^)

◇─────────────────────────────────────────◇
 もう手の打ちようがない……と、
 藁にもすがる思いで専門家に相談したら……
◇─────────────────────────────────────────◇
健康屋
 病院もダメ、民間療法もダメ、
 右膝が痛くて杖を手放せない。
 もう打つ手がないなぁ~

と、途方に暮れていると、私の脳裏に
浮かんできたのが、1年半前に
『健康的なダイエット』の本づくりを
お手伝いさせていただいた
倉敷市のパーソナルトレーナーの
田村繁光さんのお顔でした。
「こんなことを田村さんに相談しても
よいのだろうか?」と、迷ったのですが、
私は藁にもすがる思いで、田村さんに
電話を入れたのです。
すると、田村さんが、
 そうですか、それは辛いですね。
 十河さん、倉敷の私のジムまで
 来ることができますか?

私は、
 はい、車の運転は支障がないので
 大丈夫です。

と返事をし、2月18日に私は倉敷へと走ったのです。
そして、ジムの駐車場に到着すると、杖をつきながらジムへと入っていきました。

本ブログでは、詳細を割愛しますが、
私の右足は、田村さんの僅か1時間の指導で劇的に改善しました。
そして、
田村さんから教わった右足とお尻の運動を自宅でも続けたことで、
右膝の痛みがさらに小さくなっていったのです。
2月18日の指導から1週間後には、
3ヵ月近く手放せなかった杖を倉庫に片づけていました(^o^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田村さんの指導を受けてから2週間後、私は田村さんへお礼の電話を入れると共に、
 田村さん、私に行ってくれた運動療法ですが、
 ぜひ、このテーマの本をつくってください。
 いや、つくるべきです! 社会のために書くべきです!
 足が痛い、腰が痛い、肩が痛い、
 でも、治療を続けてもよくならない……
 良くなる・悪くなるを繰り返すだけ。
 という多くの人々が、
 田村さんの専門知識とアドバイスを待ち望んでいます。
 お願いです。田村さん書いてください。

すると、田村さんは、
 はい、わかりました。では、執筆に入ります。
 十河さんのように、病院や治療院に通いながらも、
 杖を手放せない人や、腰痛、肩痛などで通院しても
 なかなか良くならない人に向けての読みやすい
研究論文
 書くつもりで頑張ってみます!

と、快諾してくれたのです。

※「長期間にわたって治療を受け続けても改善しない。良くなる・悪くなるを繰り返すだけ」という50~70歳向けに執筆した田村さんの新刊書は7月には発行できそうです。後日、ご案内させていただきます。

◇─────────────────────────────────────────◇
 あなたの専門知識と豊かな経験を
 本・小冊子というカタチの研究論文にする
◇─────────────────────────────────────────◇

あなたは、その道で10年・20年・30年の専門家・大先生です。
素晴らしい専門知識と豊かな経験をお持ちになっています。
そして、その知識や経験の一部をパンフレットやホームページ、YouTubeなどで
紹介していると思います。
しかし、もう一歩踏み込んで、さらに整理整頓し、
素人にも理解できるの読みやすい研究論文をつくりましょう。

・車椅子の人も快適に暮らせる家づくり
・頭が痛くなるほど難解な障害者年金の仕組みと申請方法
・赤字続きの工場を90日で再生する方法
・料理が苦手な人でもつくれる『介護食づくり入門講座』
・失敗を繰り返している人の必読書『禁煙外来入門』

あなたは、このような研究論文の執筆に必要なだけの豊富な知識と経験を
十分お持ちになっています

しかし、その素晴らしい財産を
あなたの内部で眠らせたままにしているのではないでしょうか?

セミナーを本に
多くの経営者が眠らせたままにしている
素晴らしい財産を本・小冊子にすると、
大きな社会貢献になるのはもちろんの
ことですが、あなたの会社の強力な
集客・営業・広告ツールに
なってくれるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1000~2000文字程度のチラシや
パンフレットだけではなく、
これまでにあなたが研究してきた
知識・経験を本・小冊子にしましょう。
そして、
本・小冊子というカタチの
あなたの『1~2時間セミナー』を受けた人々から、
「あなたの小冊子を読んで大変勉強になりました♪
恐れ入りますが、私の相談にのってもらえませんか?」
という連絡が、どんどん入ってくるようになるのです \(^o^)/

☆彡 小冊子集客入門塾のサイトはこちらです▼
             http://artinsatsu.com/   
  

●――――――――――――――――――――――――●
  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

  人気blogランキング
↓  応援のワンクリックお願いしま~す♪


忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用求人用 小冊子
サンプルを無料で差し上げます。
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ