小冊子が『専門性』を強烈にアピールしてくれる


↑ 応援のワンクリックお願いしま~す♪  

 

・相続専門の会計事務所  
・任意売却専門の不動産会社  
・クリニック専門の看板製作会社  
・旋削加工専門の鉄工所  
・ハイブリッド車専門の自動車整備工場  
・障害年金専門の社会保険労務士事務所  

10年ほど前から専門性を強くアピールする会社が  
増加傾向にあると感じています。  
人口減・市場縮小時代の中で、  
「何でも承ります。幅広く対応いたします!」 という特徴のない会社では、  
集客・利益の確保が難しくなったことが背景にあるのでしょう。  

しかし、  
よし、我々も専門性を強くアピールするぞ! と、突然 方向転換しても、   
 お客様に我社の専門性・特殊な技術力をじっくり聞いてもらえる機会がない……   
 1時間ほどのセミナーならしっかち伝わると思うのだが、   
 わが社にはセミナー開催のノウハウや、セミナー集客の力がない……
 
など、  
『自社の専門性をしっかりアピールできない。伝わらない』 と、悩んでしまう  
経営者様が多いのではないでしょうか?  

今回、久しぶりの投稿となる今回のブログは、自身の  
『専門性をアピールしての集客体験』 を述べさせていただきます。

       こんにちは。
         集客用小冊子制作アドバイザーの
          十 河 尚 史(そごうひさし)です。
             今日のテーマは、
              ↓   ↓   ↓
    ★ 小冊子が『専門性』を強烈にアピールしてくれる  

           最後までお付き合いくださいね ( *^-^)

◇─────────────────────────────────────────◇
 「集客用小冊子専門です!」と小冊子でアピールしたら、
 何百キロメートルも離れた小冊子の読者が、
 「相談にのってください」 と訪ねて来る。
◇─────────────────────────────────────────◇

私は印刷会社のオヤジです。  
皆さんもご存知のように印刷業界は、20年ほど前に成熟期を迎え、  
その後、市場規模が年々小さなくなっています。  
印刷会社の社数でいうと、ピークが4万2千社。  
そして、現在は2.3万社? と言われています。  
もちろん、私の会社の売上高も右肩下がりが続き、危機感を募らせていました。  

そこで、私どもは、
『印刷物なら何でもお任せください』 という総合印刷会社の看板を降ろすことを決意。
そして、それに代わるものとして、  
徐々に手応えを感じ始めていた 『集客用小冊子』 を  
前面に打ち出す トンガリ戦略 をとることにしました。

5段階評価棒グラフ
矢印
トンガリ戦略棒グラフ

戦略変更を決意した私どもは、  
ホームページで 『集客用小冊子専門』 を強くアピールすると共に、  
『集客用小冊子の書き方 1時間セミナー』 を小冊子にまとめ、  
ホームページ内にその小冊子の請求コーナーを設けたのです                 https://www.artinsatsu.biz/present/

すると、300~500kmも遠方にお住いの小冊子の読者から、
 「十河さんの本を読みましたよ。
  今から小冊子の執筆に入るからサポートしてくださいね」
 
というお電話を頂いたり、  
 「十河さん、高速道路を7時間走ってそちらに行きます。
  執筆の相談にのってください」  
 「明後日、飛行機でそちらへ行きます。十河さん、空港でお会いしましょう」
と、
自分でも信じられないことが次々に起こったのです。

この自身の体験から、  
1.執筆に手間がかかったとしても、  
  自分の専門知識・経験を小冊子(本)に綴ることで、
  集客力・営業力が ぐっと強くなる。  
2.売込みツールではない 『お役立ち小冊子(本)』 は、
   営業チラシ・パンフレットとは異次元の力を持っている。  
3.営業チラシは見てくれないが、  
   良きアドバイスが綴られている小冊子なら喜んで読んでくれる。
   わざわざ資料請求して真剣に読んでくれる。
ファンになってくれる   
ということを学ぶことができたのです。

 

◇─────────────────────────────────────────◇
 さぁ、読者視点で、  
 あなたの小冊子の目次(案)をつくりましょう♪
◇─────────────────────────────────────────◇

「自分の専門知識や豊富な経験を、小冊子というカタチにして、  
お客様にお届けしたい!」 と、多くの経営者が考えています。   
しかし、  
その9割の方が小冊子の執筆を途中で断念してしまいます。  
その主な原因は、  
執筆に入る前の 『小冊子の設計図づくり』で手を抜いてしまう。  
これに尽きると思います。  

多くの集客用小冊子は50~80ページ、4~6章立てになっています。
  1.まずは、各章の章タイトルを考え決定する。
  2.次に、各章の中に3~6つの小見出しを設けて、目次(案)を完成させる。
 
このように 『完璧な目次(案)』 をつくってから本文を書き始めることが  
『執筆成功』 の大きな鍵となるとです。  

さぁ、2017年のお正月が絶好のチャンスです。  
本棚からビジネス書を数冊取り出して、その目次を開いてみましょう。  
そこには、考えに考え抜いた素晴らしい目次見本があります。  
その見本を参考にして、  
読者視点に立った、あなたの小冊子の目次(案)を考えてみましょう♪_♪_  
そして、  
「これだ!  
 私のお客様は、こんな小冊子(本)を待っていたんだ♪」
と、  
著者自身が惚れ込む目次(案)ができたとき、  
あなたの心に、
  「よ~し、必ず書き上げるぞ!」 という
 真っ赤な炎が灯ると思いますよ\(^o^)/

お正月の決意

――――――――――――――――――――――――
  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪


忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。      
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ