熱き思いや理念を語ろうとしない経営者たち


↑ 応援のワンクリックお願いしま~す♪  

 

 あなたは 『仕事への熱き思い』  
 『創業魂』 『経営理念』 を  
 お客様に伝えたことがありますか?

と質問すると、多くの経営者から
  そんなのは、一度も伝えたことがない
という返事が返ってきます。
ところが、
理念や熱き思いという 『目にはハッキリ見えないもの』 が、
営業・集客活動において大きな力になるのです。

その証拠に、私たちは無意識のうちに、
好きな会社やお店の理念に惹かれて
喜んで買い物をしているじゃないですか♪_♪_(^o^)

     こんにちは。
        集客用小冊子制作アドバイザーの
         十 河 尚 史(そごうひさし)です。
            今日のテーマは、
            ↓   ↓   ↓
  ★ 熱き思いや 理念を 語ろうとしない経営者たち

     最後までお付き合いくださいね ( *^-^)

◇─────────────────────────────────────────◇
 多くのお客様は、『高い志』 『熱き心』 を持つ会社に
 仕事を頼みたいと思っているのに・・・・・。
◇─────────────────────────────────────────◇
このブログの読者さまは経営者の方が多いと思うのですが、
あなたが経営者ではなく、お客様側の立場になったとき、
 ・ あの会社のショールームに行くと、
  〝人生は楽しむもの〟〝感動は人を幸せにする〟というコンセプトが
  しっかり伝わってくるのよ。私はあの会社が大好き♪
 ・ 僕は、××を買うときはT社の製品と決めている。
   あの会社のポリシーが好きなんだ。
 ・ 私は、あの会社の社長さんのファンなの。あの職人魂は凄いわ!
 ・ あのお店のおもてなしの心は本物だわ。
   接客と料理からその心がしっかり伝わってくるのよ。
このように、好きな会社やお店の 『仕事への熱き思い』 『創業魂』 『経営理念』 を
見て感じてしっかり 評価 しています。
ところが、
客側の立場を離れて、会社側(経営者)の立場になるとどうでしょう?
 自分の会社の 『熱き思い』 『創業魂』 『経営理念』 なんか
 伝えたことがない。伝えようとも思わない……

となってしまうのです。
これはとても残念なことです。

理念の集客力

        ▲ 高い志/経営理念が 優良顧客をしっかり集めてくれる

 多くのお客様は心の奥底で、
 『高い志』 を胸に、お客様に商品・サービスを提供しようとする
 『熱き心』 を持つ会社に仕事を頼みたいと思っています。
でも、
その期待に応えてくれる 『志の高い会社』 が滅多に現れてくれないのです。
だからその言いようのない 不満 を、
「安くしろ!」 「私は、一番安い会社から買います」
という言葉で表現しているのだと思います。

◇─────────────────────────────────────────◇
 恥ずかしくて、『熱き思い』 なんて語れないよ~
 小冊子が 『あなたの熱き思い』 を映画のように伝えてくれます。
◇─────────────────────────────────────────◇

既存客や本気の見込み客にお渡しする 『集客用小冊子』。
その多くは、5章立て構成になっています。
その1~5章の中で、
最も熱く 『高い志』 『創業魂』 『経営理念』 を読者に語り伝えるのが第3章です。

さぁ、その第3章に、
あなたの 『仕事への熱き思い』 に関するエピソードを
ずかしがらずに しっかり書いていみましょう。
たとえば、
次に紹介するような体験なら、多くの経営者がお持ちになっているのではないでしょうか?

 1.正直な話をすると、今のこの仕事は深い考えもなく
    なんとなく就いてしまった職業である。
    いや、それどころか10年前までは、この職業に就いたことを悔やんでいた。

 2.10年前のある出来事 ―― ×××で悩み苦しむお客様Sさんとの出会い。
    そのSさんが、こんな私を頼りにしてくれたこと。

 3.仕事に熱意のなかった私が、
    初めて本気で、 お客様(Sさん)の期待に応えようとしたこと。
    しかし、力不足でその期待に応えることができなかったこと。

 4.研修会場でのある先生との出会い。そして気づき。

 5.自社に帰って、もう一度Sさんの期待に応えようと新製品開発を決意。

 6.研究開発との格闘。寝る時間を惜しんで研究、研究、研究・・・

 7.しかし、途中で諦め、挫折、無力感。

 8.挫折から半年後、思いがけない協力者との出会い。そして、社員も
    「社長、やりましょう!協力します♪」 と背中を押してくれた。

 9.そして新製品の完成。新製品を心待ちにしていたお客様にお届けする。
    お客様の 「ありがとう♪」 に、涙、涙、涙……。

もしもあなたが、何かの悩みを解決しようと小冊子を請求し、
その小冊子の中に著者のこんな 『自己紹介・自己体験』 が書かれていたら、
あなたはどのような心理になるでしょうか?

私はこれまでに、700人以上の経営者の小冊子原稿を読んできましたが、
中小企業家のこのような 『自己紹介・自己体験』 を読み始めると、
その物語が私の頭の中で映画のように映像化されます。
すると、
知らず知らずのうちに私の目に が……。
ティッシュペーパーで涙をぬぐいながら読むことも珍しくありません。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

神戸市サニープレイス岡村英樹さんの小冊子 たとえば、
 私が身体の不自由な家族のことを
 考えて、バリフリー住宅の建設を
 真剣に考えていたとします。
 そんな私が偶然に
 『車いすでも快適に生活できる
   住まいのつくり方』
という
 小冊子を手にしたとします。
 そして、
 その小冊子の中で、
 『私がなぜ、パリフリー住宅設計の
     専門家になろうとしたのか』
 『なぜ、この小冊子を
     書こうと思ったのか』
  という、著者の 熱き思い。
 さらに、
 『失敗しないバリアフリー住宅のつくり方』
 についての 心優しいアドバイスが 綴られていたら……。

「私はこの著者に、ぜひ相談にのってもらいたい(^^)♪」
という気持ちが、自然に湧き上がってくると思います。
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
さぁ、これまでは 恥 ずかしくて伝えようとしなかった、
あなたの 『仕事への熱き思い』『創業魂』『経営理念』 を、
小冊子やブログでしっかり語っていきましょう。

あなたのに感銘した多くの読者から、
「私は、こんな志を持つ専門家を探していました。ぜひ相談にのってください♪」
という嬉しい連絡が入ってくるようになりますよρ(^o^)ρ

――――――――――――――――――――――――
  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪


忙しいあなたにかわって、本気の
見込み客を コツコツ集めてくれる
集客用 小冊子の サンプルを
無料で差し上げます。      
先ずは、手にとってご覧下さい!

サブコンテンツ