あなたの専門分野で 『研究論文』 を書く♪

人気blogランキングへ

↑↑ワンクリックお願いします↑↑

数十年前の学生時代に、
 徹夜続きで卒業論文を書き上げたなぁ~
 こんな思い出をお持ちの方も多いと思います。

熱い想いで、素晴らしい卒論を書いた人もいるでしょうが、
どちらかというと、
「単位を取るために仕方なく卒論を書いた」
という方が多かったのではないでしょうか。

もちろん、私は後者の方でした。
2カ月ほどの間 大学の図書館へ通い、ため息をつきながら卒論を書いたことを覚えています。

そんな学生たちも、
今では働き盛りの社長・経営幹部になっています。
と同時に、
その仕事一筋でもう10年・20年。立派な 専門家・大先生 でもあるはずです。
素晴らしい財産を眠らせたままにしているなぁ~ 
ならば今こそ、
小冊子というカタチの『親切な研究論文』を書いてみませんか(^o^)

          こんにちは。
              十 河 尚 史(そごうひさし)です。
   
                   今日のテーマは、
                    ↓   ↓   ↓
       ★ あなたの専門分野で 『研究論文』 を書く♪
       
               最後までお付き合いくださいね ( *^-^)

◇─────────────────────────────────────────◇
 ★ 短編的な お役立ち情報は 星の数ほどあるけど、
  体系的に整理された情報には 滅多にお目にかかれない。

◇─────────────────────────────────────────◇
私たちは高額商品を買おうと決めた瞬間、
その買い物で失敗しないように、情報集め・基礎勉強・下調べ行動をスタートさせます。
しかし、
「知識が足りなくて私には判断できないわ」
「初歩的な基礎知識をやさしく解説して欲しい!」
「信頼できる専門家・相談相手がなかなか見つからないなぁ~」
と、下調べ行動で立ち止まってしまう人が星の数ほどいるのです。

そのような中で、
ネット上には膨大な情報が溢れています。便利で本当に助かります♪
しかし、その殆どは、
300字~2000文字程度の短編的なものばかり。
「この基礎知識情報は体系的に整理されて、
 本当にわかりやすかった。納得できた。これで十分満足した!」
と、いえるほどの 『お役立ち情報』 には滅多にお目にかかれません(-.-“)

多くの見込み客が、
「もっと 丁寧 に解説してくれる良きアドバイザー・相談相手はいないだろうか?」
という気持ちで信頼できる専門家を探しているのです。
ならば、先ずはあなたが
『専門家ならではの良きアドバイス』 を体系的にわかりやすく整理して、
既存客や見込み客に提供しましょう。
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
中小企業の社長さんや経営幹部の方は、
その仕事一筋でもう10年・20年というキャリアを持っています。
間違いなく立派な大専門家・大先生です。
感謝される小冊子その頭脳の中には、数万字に及ぶ
『お役立ち情報』 のネタが
いっぱいつまっているはずです。
ならば、今こそ論文を書きましょう。

学生時代に仕方なく書いた
『卒業論文』ではなく、
今こそ、使命感溢れる
『親切な研究論文』
書いてみませんか。

◇─────────────────────────────────────────◇
 ★ あなたはその道の大先生です(^o^)
 小冊子という 『親切な研究論文』 を書いてみましょう♪

◇─────────────────────────────────────────◇

無理しないダイエット入門講座システムデザイン 田中勤 集客用小冊子

『親切な研究論文』 として、一番書きやすいのが小冊子です。
論文の章立ては構成は、
 第1章 問題提起(多くの人がこんな被害を被っています。悩んでいます)
 第2章 問題提起の掘り下げ
        (なかでも××××の知識不足によって、こんな大きな被害が出ています)
 第3章 
 第4章 解決策の提示(商品・サービス選びの基礎知識の提供)
 第5章 解決策提示の補足(さらに親切な補足説明をする。小さな第1歩を示してあげる)

この順番で書き進めていくと、体系的にまとめられた 『わかりやすい論文』 になり、
あなた(著者)は、読者(見込み客)からの信頼を勝ち取ることができるのです。
   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
第3章が?マークになっているけれど、第3章は何を書くの?
ハイ、第3章は、自己紹介の章にしましょう。
たとえば、
 ・なぜの仕事を始めたのか? なぜ×××の専門家になったのか?
 ・なぜ、この商品を開発したのか? その想いは……
 ・「倒産から再起して欲しい!」 とのお客様の熱烈な声援で
 ・反発していた父の会社を継いだ理由

第4章の解決策の提示に入る前に、このような自己紹介や物語を入れましょう。

体系的にまとめられた 『わかりやすい論文』 で読者から厚い信頼を勝ちとる。
そして、自己紹介をたっぷり入れて、人柄を伝えることで、
多くの読者があなたのファンになってくれます。
ファンになってくれた読者は、
「私はあんたに相談したい。アドバイスをもらいたい♪」
「私はあなたから買いたい♪_♪_」
と、
行動を起こしてくれるのです。

いかがでしょうか。
あなたは、そのお仕事一筋。もう‘数十年’のキャリアを持つ大専門家・大先生です。
ならば、
小冊子という『親切な研究論文』 を書いてみましょう。
多くの方があなたの専門知識を心待ちにしていますよ(^o^)

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    ★ 集客用小冊子があなたの強みをアピールしてくれますよ!
    集客用小冊子のつくり方がわかるサイトはこちら
                   ↓   ↓   ↓
              http://www.artinsatsu.com/

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
"にほんブログ村
グ 広告・マーケティングへ” />

にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

 

 

サブコンテンツ