集客用小冊子が優良顧客を集めてくれる ♪_♪_

人気blogランキングへ

↑↑ワンクリックお願いします↑↑

小冊子集客★実践講座 現代人が、1日に得る情報量は、
 江戸時代の人が一生かかって
 得る量に匹敵する……。という
 話を聞いたことがあります。

 デジタル技術の進歩で、
 今は情報の大洪水・大氾濫時代。
 スマホ・タブレットの
 さらなる普及で、この傾向は
 ますます強くなっていくでしょう。

 「どの情報が正しいのだろう?」
 「いい加減な情報も多いなぁ~」
 「ITは便利だけれど、あまりにも
   情報が多すぎで頭が混乱してくる」
 と感じている方も多いようです。

 私の会社でも、
 ホームページはもちろんのこと、
 ブログ、メルマガ、無料Eメールセミナー、
Facebook、YouTubeで情報発信を行っています。たしかに大変便利です。

でも、発信する側の心理として、
「このデジタル情報の大洪水時代の中で、わが社が発信するメッセージは
 お客様に ちゃんと届いているのだろうか? 埋没していないだろうか?」
さらに、
あまりにも簡単にメッセージを発信できるので、
自分自身が発信している情報が、
「粗悪で、真心の入っていないものになっていないだろうか?」
こんな不安に駆られることがよくあります。

情報の大洪水・大氾濫の時代だからこそ、
ビジネスシーンにおいて、集客用小冊子という
誠実なアナログツールがますます力を発揮する
と私は感じています。

          明けましておめでとうございます
             十 河 尚 史(そごうひさし)です。
   
                  今日のテーマは、
                   ↓   ↓   ↓
   ★ 集客用小冊子が優良顧客を集めてくれる ♪_♪_
       
             最後までお付き合いくださいね ( *^-^)

◇─────────────────────────────────────────◇
★ 自分の発信情報が埋没していく。焦ってしまう・・・
  だから、益々情報発信を繰り返す。粗っぽくなってしまう。

◇─────────────────────────────────────────◇

誰もが、簡単に情報を発信できる 『素晴らしい時代』 になりました。
その反面、チェック機能がないがために 発信情報の品質がなかり粗悪
なっているもの事実。
私自身も、粗悪な情報に振り回されることがよくあります。

そして、さらに心配になっているのが、
「自分自身も気付かぬうちに、粗悪な情報発信を行ってしまうのでは・・・?」
「粗っぽい情報発信に 染まりきってしまうのでは?」

ということです。

情報はスピードが大切。その点でITは、素晴らしいツールです。
しかし、
「真心やお役立ち精神は二の次。スピードが一番だ! サッと書いてサッと発信しよう
という軽い気持ちで情報発信するケースがかなり多くなっていると感じています。

だから、お客様が読んでくれない……。
読んでくれたとしても心に響かない……。
パソコンに中には、一度も読んでいないダウンロード資料
山積みになっています。

歯医者さんのファンになりそう
 本気の見込み客に、
 あなたの専門知識や
 心からの良きアドバイス
 高い志をしっかり
 伝えたいなら、
 小冊子がお勧めです。

 小冊子を直接手渡したり、
 郵便でお届けすると、
 ソファーやベットの上で、
 あなたの専門知識やアドバイスを
 じっくり読んでくれます(^o^)

◇─────────────────────────────────────────◇
 ★ じっくり時間をかけて書き上げた集客用小冊子が、
  目には見えない優良顧客をしっかり集めてくれる♪_♪_

◇─────────────────────────────────────────◇

私は、集客用小冊子制作の仕事に携わってインプラント入門
10年以上になります。

多くの経営者や先生と呼ばれる方が
「小冊子をつくりたい!」 と
おっしゃってくれます。
しかし、その中で本当に
小冊子原稿を書き上げる方は
1~2割ぐらいだと思います。

「小冊子の執筆に取り組んだけれど、
 これはなかなか大変な作業ですね~」
「私には文才がないようです(-“-;)」
ホームページ原稿、ブログ原稿、
パンレット原稿ならなんとか書けるの
ですが、2~3万字にも及ぶ
小冊子となると、多くの方が途中で
諦めてしまうのです。

その理由のひとつは、
長文をまとめる作業が不慣れであること。
その不慣れと共に、大きな重圧となってくるのが、
 ・今 書こうとしていることは、本当にお客様のお役に立つものであるのか?
 ・読者の皆様の幸せにつながる内容なのか?

2~3万字に及ぶ執筆作業が、著者の心の中の小さな矛盾を鋭く突いてくるのです。
それをごまかそうとすると筆がパタッと止まり、途中で書けなくなってしまうのです。

集客用小冊子を書こうとすると、その企画や章立て構成づくりで1カ月。
本文の執筆で1~3カ月。合計で2~4カ月もかかります。
真心を込めて高品質は情報・アドバイスをお届けしようとすると、
これぐらいの時間がかかります。ITのスピードや手軽さとは真逆の存在です
感謝される小冊子
 デジタル情報の大洪水
 大氾濫時代の中で優良顧客は、
 粗悪な情報と高品質な情報を
 見極める力
 本能的に持っています。
 だからこそ、
 時間を惜しむことなく真心込めて
 書き上げたあなたの小冊子を
 郵便でお届したり、
 手から手へと直接お渡し
 読んでいただく 流れ・仕組みを
つくることで、
 「私はあなたから買いたい!」
 「私はあなたに相談したい♪」

という優良顧客が集まってくるのですρ(^o^)ρ

基本流れ図2

さぁ、2014年がスタートしました。
過去に小冊子を書こうとして、途中で諦めた方。
情報の大洪水・大氾濫が進む今こそ、もう一度、小冊子執筆に挑戦してみませんか。
目に見えない本気の優良顧客が、
「あなたのその小冊子を贈ってください!」 と手をあげてくれますよ(^o^)V
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

★集客用小冊子があなたの強みをアピールしてくれますよ!
    集客用小冊子のつくり方がわかるサイトはこちら
                   ↓   ↓   ↓
              http://www.artinsatsu.com/

  ブログ村ランキングも
↓ お願いします
"にほんブログ村
グ 広告・マーケティングへ” />

にほんブログ村

  人気blogランキング
↓ 応援のワンクリックお願いしま~す♪

 

 

サブコンテンツ